第31回かんなみ猫おどり(静岡県函南町)

函南中学校グラウンドを会場に、「みんなで猫おどり」、「猫じゃ2コンテスト」、「なりきり!コスプレコンテスト」などで盛り上がる函南ならではのイベント。老若男女が猫に扮して創作ダンスを繰り広げます。フィナーレは三河・遠州に伝わる「手筒花火」。

民間伝承「猫の踊り」がルーツ

「かんなみ猫おどり」は、函南町の丹那盆地周辺に伝わる民間伝承「猫の踊り」がルーツで、函南町商工会青年部が町おこしの一環として企画した夏祭り。
天保年間、函南の山沿いにある軽井沢(かるいさわ)集落に住む藤蔵さんが飼っていた猫が、実は人語を解し笛を吹き、踊りを踊る猫であることが判明・・・。あまりに気味悪いので、猫に踊りを踊るなら出てって欲しいと頼んだら、すぐに姿が消えたという話。
日本全国に猫の踊りという民話は残され、昭和62年05月23日に『まんが日本昔ばなし』で放送されたストーリー「ねこおどり」は秋田県の鹿渡(かど/現・琴丘町)の民話。この「ねこおどり」の放送をきっかけに、わが町にもあると函南町商工会青年部が考案したのがこのイベントです。
函南町はもちろん、沼津市や三島市も含め地域の老若男女が猫に扮して創作ダンスを繰り広げます。

「なりきり!コスプレコンテスト」は、猫にちなんだ格好ならOK!
当日14:30〜JR函南駅・函南町役場と会場を結ぶ無料シャトルバスを運行。

横浜市交通局(横浜市営地下鉄)ブルーラインの踊場駅(横浜市泉区)も、実は「またたびを食べた3匹の猫が踊っていた場所」で、「猫の踊り場伝説」が残されています。
歌舞伎の世界でも、『獨道中五十三驛』(ひとりたびごじゅうさんつぎ)の「岡崎の猫」は、日本三大猫騒動(鍋島騒動、有馬騒動、岡崎の猫騒動)のひとつ。『獨道中五十三驛』は、文政10年(1827年)初演。四世鶴屋南北作。化け猫が登場するのは東海道鞠子宿となっており、鞠子と岡部の宿の間にある宇津ノ谷峠に「猫石」も存在しています。

歌川国芳『東海道五十三次 岡部 猫名の由来』

歌川国芳『東海道五十三次 岡部 猫名の由来』

 

かんなみ猫おどり DATA

開催日 2018年8月4日(土)、雨天の場合は翌日
開催時間 15:00~20:30
所在地 静岡県田方郡函南町仁田56
場所 函南町肥田簡易グラウンド
電車・バスで 伊豆箱根鉄道大場駅から徒歩8分
駐車場 函南町役場駐車場を利用/無料(JR函南駅・函南町役場と会場を結ぶ無料シャトルバスを運行)
問い合わせ 函南町観光協会TEL:055-978-9191
公式HP 函南町観光協会公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ