第18回信州須坂「わくわく」おひなめぐり|2019

信州須坂「わくわく」おひなめぐり

須坂藩主堀氏の館町(陣屋町)、そして大笹街道、谷街道の宿場町として、さらに明治から昭和初期にかけては豊富な水を活かして近代製糸業で栄えた「蔵の街・須坂」。見事な蔵の中に自慢の雛人形が飾られる、須坂ならではのイベントが第18回信州須坂「わくわく」おひなめぐりです。

蔵の町・須坂でひなめぐり

信州須坂「わくわく」おひなめぐり
信州須坂「わくわく」おひなめぐり

明治7年に最初の製糸工場が設立され、次第に工場・工女の数も増加し、大正の初期には工女数が6500人にも達しています。
野口雨情作詞、中山晋平作曲の『須坂小唄』は当時全国に流行し新民謡の先駆けにもなっています。
そんな須坂の豪壮な土蔵造りの旧製糸家建物、繁盛した大壁造りの商屋、博物館、美術館に雛人形が展示されます。

「巨大迷路のような須坂の町を散策しながら、懐かしいお雛様を探してください」(信州須坂わくわくおひなめぐり実行委員会事務局)。

わくわく雛めぐりスタンプラリー

期間中、須坂の各所(スタンプラリー参加店)に設置されたスタンプを5個集め、蔵のまち観光交流センターでくじ引きをすれば、抽選で須坂の特産品が当たるのが『わくわく雛めぐりスタンプラリー』。
「空くじなし」とのことです。

1.『信州須坂「わくわく」おひなめぐり』に参加している店で「おひなめぐりマップ」を入手します
2.マップ掲載のスタンプラリー参加店でお買い物をし、会計時におひなめぐりマップのスタンプラリー欄にスタンプをもらいます
3.5ヶ所回ってスタンプを5個集めます
4.蔵のまち観光交流センター(9:00~17:00)でくじ引きに挑戦。須坂の特産品が当たります(空くじなし)

スタンプラリー参加店

盛進堂製菓舗駅前店・菓子工房 ちよか/(株)酒井商會・マツダオートザムスザカ/和菓子処・おやき コモリ餅店/カメラショップ イワイ/お食事処 かねき/須坂煎餅堂/岡信孝コレクション・須坂クラシック美術館/須坂市蔵のまち観光交流センター/蔵のまちギャラリーぶらり館/須坂市ふれあい館 まゆぐら/おやき処 横田製菓/綜合衣料きたはら/Café Waraku/花のミヤザキ/笠鉾会館ドリームホール/割烹 能登忠/迎賓館 三ツ扇/宇治の園/蔵の町ワイン角田酒店/グラッセ/塩屋醸造/OLD JAPANESE DINING 枠屋/旧小田切家住宅/呉服 綿幸/はちみつ家 鈴木養蜂場/バル・カーニャ/ミクニヤ/蔦屋茶店/ちょうちんや/旬彩 八寸/そば処 松屋/十割そば・あがれ家/山下薬局/ラノッキオ/松葉屋そば店/ヤンネ/盛進堂製菓舗中町店/中村時計店/綿幸本店/魚なか旅館/カフェラビラント/スケッチイン ハイク/遠藤酒造場/鶴田ガラス/旬菜古民家 ゆるり/リサイクルショップくるみの木/至誠堂豊田種苗店/ざかすラーメン/大和屋酒店/キタザワ美容室/御菓子処 つたや本店/手打ちそば三男坊/たい焼 升田屋/豪商の館 田中本家博物館/鈴木蛍雪堂/お食事 お休み処 臥龍かねばこ/ランチ・弁当 あじわいキッチン/須坂版画美術館・平塚運一版画美術館/小池千枝コレクション 世界の民俗人形博物館/糀屋本藤醸造舗/関谷温泉 湯っ蔵んど/楠わいなりー/花仙庵 仙仁温泉 岩の湯

おひなめぐり参加施設

長野電鉄 須坂駅
長電タクシー
観光案内所 須坂市観光協会 シルキー2F
北信タクシー株式会社
長野銀行須坂支店
須坂市社会福祉協議会
旧越家(山丸一番館)
八十二銀行 須坂支店
須坂市旧上高井郡役所
須坂図書館
ふれあい館しらふじ
普願寺
須坂市動物園(フレンZooすざか)
 

第18回信州須坂「わくわく」おひなめぐり DATA

開催日 2019年3月1日(金)~4月3日(水)
所在地 長野県須坂市須坂352-2(蔵のまち観光交流センター)
電車・バスで 長野電鉄須坂駅から徒歩8分で蔵のまち観光交流センター
ドライブで 上信越自動車道須坂長野東ICから10分
駐車場 40台(須坂市営須坂中央駐車場)など/有料
問い合わせ 須坂の町の雛祭り実行委員会事務局
蔵のまち観光交流センター内TEL:026-248-6867
須坂市観光協会TEL:026-215-2225
関連HP 須坂の町の雛祭り実行委員会ホームページ
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ