本成寺『節分鬼おどり』|三条市

本成寺『節分鬼おどり』

2019年2月3日(日)、新潟県三条市の本成寺で『節分鬼おどり』。金物の町三条にふさわしく、鋸や斧、刃物を手にした赤・青・黄・緑・黒の鬼が本堂で大暴れ。最後に「福は内、鬼は外」の掛け声とともに年男・年女が豆を投げて撃退させ、平和と安全を祈ります。本堂の厳粛な空気の中に響き渡る鬼たちの叫び声と大暴れする姿は、迫力満点。

赤・青・黄・緑・黒の鬼たちが本堂で大暴れ!

法華宗総本山本成寺に伝わる『節分鬼おどり』は、室町時代、本成寺の僧兵と農民が力を合わせて盗賊を追い払ったという故事にならい、厄祓いの形で節分の豆まき行事として続けられています。
鬼に抱かれた赤ちゃんは健康に育つという言い伝えがあり、毎年子供連れで賑わいます。

金棒を手にする赤鬼は、貪欲(人間の邪悪な心)を表し、刺股(さすまた)を持つ青鬼は、、瞋恚(しんに=悪意・憎しみ・怒り)を、両刃のこぎりを持つ黄鬼は、掉挙(じょうこ=平静な心を失っている状態、心の浮動)、悪作(おさ=後悔)、我執(がしゅう=我が儘)を、薙刀(なぎなた)を手にする緑鬼は、惛沈(こんちん=倦怠)、睡眠(すいめん=眠気)、不健康、怠惰、過食、不真面目を、斧を手にする黒鬼は、疑(ぎ=疑いの心)、愚痴を表しているのだとか。
つまりはそういった人間自らの心に豆をぶつけて追い払う行事になっているのです。

1回目11:00〜、2回目14:00〜。

「三条防災ステーション」駐車場から臨時シャトルバスが運行。

本成寺『節分鬼おどり』|三条市 DATA

本成寺『節分鬼おどり』|三条市
開催日 2019年2月3日(日)
時間 1回目11:00〜、2回目14:00〜
関連HP 三条市公式ホームページ
所在地 新潟県三条市西本成寺1-1-20
場所 本成寺
電車・バスで JR信越線三条駅から徒歩15分
ドライブで 北陸自動車道燕三条ICから約2.7kmで三条防災ステーション
駐車場 三条防災ステーション駐車場を利用、無料の会場行き臨時シャトルバスが運行
問い合わせ 本成寺 TEL:0256-32-0008/FAX:0256-32-0059
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

画像協力/公益社団法人新潟県観光協会
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ