湯倉温泉共同浴場

湯倉温泉共同浴場

大塩温泉を筆頭に名湯揃いで知られる奥会津・金山町。本名地区で国道252号(沼田街道)から只見川を渡った対岸に湧くのが湯倉温泉。板前主人と利き酒師女将のもてなしで知られる「旅館鶴亀荘」と共同浴場があるだけの温泉地ですが、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉という泉質は、温泉ツウにも注目も温泉のひとつとなっています。

金山町本名地区の区が管理する地元密着型共同湯

湯倉温泉共同浴場

シンプルな造りの内湯

もともとは、江戸時代に60度という高温の温泉が川床から自然湧出したのが始まり。
地元民の社交場となった混浴の共同湯として知られていました。

平成26年12月1日にリニューアルオープンして、それまでの昔ながらの混浴から男女別の浴室に変身しています。
温泉分析書によれば源泉温度は60.5度(動力揚湯)で、湧出量は毎分60リットル。
pH7.3(中性)。

内湯のみですが、露天風呂がいいという場合には「旅館鶴亀荘」(日帰り入浴10:00~15:00/事前に問い合わせが必要/TEL0241-54-2724)の利用を。

日曜と木曜の夕方以降が清掃時間で、その日に限って18:00にクローズとなるのでご注意を。
地元の人が管理する共同湯なので、くれぐれもマナーを守って入浴を。

JR只見線の本名駅から徒歩20分と徒歩圏内なので、鉄道利用の入湯客もあるとのこと。

湯倉温泉共同浴場 DATA

名称 湯倉温泉共同浴場/ゆくらおんせんきょうどうよくじょう
Yukura Onsen Public Bath
所在地 福島県大沼郡金山町本名上ノ坪1944-2
関連HP 金山町観光物産協会公式ホームページ
電車・バスで JR只見線本名駅から徒歩20分
ドライブで 磐越自動車道会津坂下ICから約39km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 金山町観光物産協会TEL:0241-42-7211
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ