1月16日【今日は何の日?】

1月16日は、札幌に大倉喜七郎男爵(ホテルオークラの創業者)の私財を投じて建設した大倉山ジャンプ競技場(大倉山シャンツェ)が開場した日。ペリー2度目の来航した日、香取神宮『星鎮祭』、そして初閻魔。正月16日と7月16日は、閻魔賽日(地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休むとされる日)で、閻魔大王を祀る寺へ、参詣に!

大倉山シャンツェ開場式

秩父宮雍仁親王の口添えで大倉喜七郎男爵(ホテルオークラの創業者)の私財を投じて建設された大倉山ジャンプ競技場が昭和7年1月16日に開場。「シャンツェ」とは、ドイツ語でジャンプ台の意味です。大改修をして札幌オリンピックの90m級ジャンプの会場として使用されたました。

大倉山シャンツェ

大倉山ジャンプ競技場(札幌大倉山展望台)

2017年5月9日

ペリー2度目の来航

嘉永7年1月16日(1854年2月13日)、ペリーは琉球を経由して浦賀に再度来航。
旗艦「サスケハナ」、「ミシシッピ」、「ポーハタン」(以上、蒸気外輪フリゲート)、「マセドニアン」、「ヴァンダリア」(以上、帆走スループ)、「レキシントン」(帆走補給艦)の6隻が到着。
ペリーは香港で12代将軍・徳川家慶(とくがわいえよし)の死を知り、政治的な空白を突いて、予定の1年ではなく、半年で来日したのです。
嘉永7年3月3日に横浜村(現神奈川県横浜市)に上陸し、日米和親条約(神奈川条約)が締結されています(下の図)。

201512300203

香取神宮『星鎮祭』|香取市

神代の昔、天孫降臨にあたり、星の運行を操り、最後まで服従しなかった天香香背男(あめのかかせお)を香取神宮祭神の経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が弓で射落とし、塚に鎮めたという神話に因んだ神事『星鎮祭』が行なわれます。

香取神宮『星鎮祭』

香取神宮『星鎮祭』|香取市

2019年1月6日

禁酒法施行(禁酒の日)

1920年1月16日、アメリカで憲法修正第18条(禁酒法=Prohibition)が施行されました。ギャングの多くは違法なアルコールの売り上げを通して富を蓄え、FBIとの死闘も問題となりました。
アル・カポネはこの禁酒時代を代表するギャングです。1933年12月5日に、米国憲法修正第21条により修正第18条は廃止されました。禁酒法時代を描いた有名なテレビドラマに『アンタッチャブル』(The Untouchables/下の画像)があります。

201512300305

囲炉裏の日

116(いいろ)の語呂合わせから。

初閻魔・十王詣(籔入り)

毎月16日は閻魔大王の縁日。正月16日と7月16日は、閻魔賽日(地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休むとされる日)。
東京・新宿の太宗寺、東京・杉並の華徳院、東京・巣鴨の善養寺(以上、江戸三閻魔)、東京・深川の法乗院(深川えんま堂)、鎌倉市・円応寺、足利市・利性院などで閻魔様が御開帳されるなどの法要が執り行なわれます。

閻魔大王

利性院

利性院

2018年1月9日

法乗院(深川えんま堂)

2017年1月16日

太宗寺

2017年1月11日

1月16日 初閻魔

2017年1月8日

白瀬中尉南極に到達

明治45年1月16日、「開南丸」で南極を目ざした白瀬矗(しらせのぶ)中尉は、南極大陸に上陸、「開南湾」と命名しました。

大和雪原開拓者(白瀬矗)の墓

2017年11月27日

白瀬南極探検隊記念館

2017年7月26日

1月16日生まれの有名人は?

映画監督『遊星からの物体X』のジョン・カーペンター(John Howard Carpenter)、アナウンサー・須田哲夫、プロ野球名球会の堀内恒夫、女優・池上季実子、お笑い芸人・ダンディ坂野、お笑い芸人・スマイリーキクチ、お笑い芸人(TKO)・木下隆行、タレント・宮前真樹、歌手・田村英里子、俳優・賀集利樹、女優・松下恵ほか。

1月16日生まれの誕生花は?

ヒヤシンス(黄)、金魚草、マンサク

明日は何の日? 昨日は何の日?

尾崎紅葉祭/1月17日

1月17日【今日は何の日?】

2015年12月31日
むこ投げすみ塗り

1月15日【今日は何の日?】

2015年12月30日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ