12月9日【今日は何の日?】

最後の将軍・徳川慶喜が王政復古の大号令をかけたのが慶応3年12月9日(1868年1月3日)。大阪商船が運航した戦前の日本が誇る豪華客船「あるぜんちな丸」が進水したのが昭和13年の今日。小説家・夏目漱石の忌日「漱石忌」も今日です。

あるぜんちな丸進水

三菱長崎造船所で造られた「あるぜんちな丸」(1万2755トン/大阪商船・商船三井客船)は昭和13年12月9日進水。
「国策豪華船」といわれるほどの豪華さを誇り、出帆と同時にカクテル・パーティ、夜は映画、ダンス、芝居を2日おきに催す、キャビンボーイに美少年を選りすぐって採用などの豪華クルーズでした。
一等食堂は村野藤吾の装飾設計でした(上の画像)。
昭和16年9月29日、「あるぜんちな丸」は日本海軍に徴傭され、その後、空母「海鷹」に改造されています。
移民を乗せての航海も多く、移民の人が我が家のように過ごせるというアットホームサービスが心がけられました。
当時の外洋航路のそんな日本的なサービスは、現在、後継企業である商船三井の「にっぽん丸」に受け継がれています。

201511260602

商船三井ビルディング

2017年11月26日

旧大阪商船

2017年9月30日

12月9日生まれの有名人は?

歌手・高石ともや、女優・白石加代子、女優・松本めぐみ、タレント・さいたまんぞう、漫談家・綾小路きみまろ、プロ野球殿堂入りの落合博満、俳優・升毅、俳優・渡辺裕之、女優・横山エミー、落語家・春風亭昇太、歌手・倉橋ルイ子、女優・春風ひとみ、キャスター・勝恵子、ミュージシャン・小林勝、女優・森山ゆうこ、スキー(モーグル)・上村愛子、俳優・高橋一生、女優・岡本綾ほか。

12月9日生まれの誕生花は?

クミン、菊、石蕗(つわぶき)

漱石忌

新宿区立漱石公園の夏目漱石胸像

小説家・夏目漱石は大正5年12月9日没。
江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)で慶応3年1月5日に誕生。
墓所は東京都豊島区南池袋の雑司ヶ谷霊園。
旧制五高の英語教師として熊本に赴任した時代の旧宅が熊本市に現存。
熊本滞在期間中に6回も転居しており、夏目漱石内坪井旧居が残されています。
明治40年から大正5年に、漱石が亡くなるまで過ごした「漱石山房」があった場所の一部が新宿区立漱石公園となっており、夏目漱石の胸像、猫塚などがあります。

夏目漱石内坪井旧居

2017年12月3日

王政復古の大号令

慶応3年10月14日(1867年11月9日)に最後の将軍となった徳川慶喜は大政奉還を上奏。
慶応3年12月9日(1868年1月3日)、岩倉具視が参内して「王政復古の大号令」を発しました。
これにより、徳川幕府や摂政関白が廃止されました。
新たに総裁・議定・参与の三職が置かれましたが、総裁に有栖川宮熾仁親王、議定には仁和寺宮嘉彰親王、山階宮晃親王、中山忠能、正親町三条実愛、中御門経之、島津忠義(薩摩藩)、徳川慶勝(尾張藩)、浅野茂勲(芸州藩)、松平慶永(春嶽、越前藩)、山内豊信(容堂、土佐藩)が就任しました。
また参与は岩倉具視、大原重徳、万里小路博房、長谷信篤、橋本実梁、尾張藩士三人(丹羽賢、田中不二麿、荒川甚作)、越前藩士三人(中根雪江、酒井十之丞、毛受洪)、芸州藩士三人(辻将曹、桜井与四郎、久保田平司)、土佐藩士三人(後藤象二郎、神山左多衛、福岡孝弟)、薩摩藩士三人(西郷隆盛、大久保利通、岩下方平)でした。

The International Day against Corruption
(国際腐敗防止デー)

2003年10月31日、腐敗の防止に関する国際連合条約(国連腐敗防止条約)がニューヨークで採択。
12月9日、メリダ(メキシコ)で署名・調印されました。
国会における承認は3年後の平成18年6月2日のことです。
公務員等に係る腐敗行為に対処するための国際条約です。

障害者の日

1975年12月9日、国連総会で「Declaration on the Rights of Disabled Persons」 (「障害者の権利宣言」)が採択(総会決議3447)。
昭和56年12月9日に開催された総理府(現・内閣府)主催の中心記念事業「広がる希望の集い」で制定されました。
 

明日は何の日? 昨日は何の日?

12月10日【今日は何の日?】

2015年11月26日

12月8日【今日は何の日?】

2015年11月26日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ