小室の浜(興津海水浴場)

小室の浜(興津海水浴場)

高知県高岡郡四万十町、四万十川の清流と一斗俵沈下橋(国の登録有形文化財)などで有名な四万十町ですが、土佐湾に突き出した興津岬に守られた、岬西側の美しい海岸線が、小室の浜(興津海水浴場)。小室の浜として「日本の白砂青松百」、興津海水浴場が環境省の「快水浴場百選」に選定されています。

日本の白砂青松百快水浴場百選にも選定

小室の浜(興津海水浴場)

小室の浜は、遠浅で土佐十景(大正15年、『土陽新聞社』が読者投票で選定)の一つに数えられる白砂青松の景勝地。
夏(7月第1日曜・海開き~9月30日)は海水浴場が開設され、温水シャワー利用も可能なほか、浮き輪、パラソル、ボディーボードなどのレンタルもあります。
後川河口、海岸東端の堤防から西側200mの区域が海水浴専用区で(小室の浜の全長は2kmで、汀線も数百mあります)、それ以外がマリンスポーツのエリアという区分けが行なわれ、ビーチの背後には興津2号津波避難タワー(高さ11.8m、123名収容)が建っています。

海水浴場に隣接した松林の中には興津キャンプ場が整備され、バンガロー(6棟)やトレーラーハウス1棟、和室の「青松棟」、海の家、キャンプサイトなどの宿泊施設が整っています。

小室の浜(興津海水浴場)へは、高知県道52号(興津窪川線)を使い興津坂の峠越えが必要で、途中はクネクネ道ですが、土佐興津展望台があって興津岬方面の眺望が広がります。

興津村の村史には小室浜ではなく「御室濱(オムロノハマ)」と記され、江戸時代の天明年間(1781 年~ 1788年)、高知藩士で国学者・ 尾池春水(おいけはるみ)が日野大納言資枝郷へ、桜貝を添えて送った「土佐の海にひろいて送る錦貝 御むろの花にかちまさりけり」 の和歌が、美しい情景を今に伝えるとともに、御室浜だったことを記しています。
現在の松林は、樹齢30~ 60年ほどで老木はありません。

さらに興津という地名も、4ヶ所の浜から、四津ノ村が与津村、さらに與津村となり、昭和23年5月3日の憲法発布記念日に興津村へと変更されたものです。

小室の浜(興津海水浴場)
名称 小室の浜(興津海水浴場)/こむろのはま(おきつかいすいよくじょう)
所在地 高知県高岡郡四万十町興津
関連HP 四万十町観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR西仁井田駅から四万十交通バス興津行き26分、興津センター前下車、徒歩5分
ドライブで 高知自動車道四万十町中央ICから約15km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 興津観光協会 TEL:0880-25-0632/FAX:0880-25-0632
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
土佐興津坂展望台

土佐興津坂展望台

高知県高岡郡四万十町興津を走る高知県道52号(興津窪川線)の峠越えの難所・興津坂の標高240mに設けられた展望台が、土佐興津坂展望台。高知県立興津自然公園に位置し、四万十町産の木材を使った東屋や木製の安全柵が整備されています。また初日の出ス

興津岬(興津埼灯台)

興津岬(興津埼灯台)

高知県高岡郡四万十町、「日本の白砂青松百選」、そして環境省の「快水浴場百選」に選定される小室の浜(興津海水浴場)の東、土佐湾に突き出し、美しいビーチを荒波から守る岬が、興津岬。岬の高台には白亜の興津埼灯台が建っています。ダートの林道で到達す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ