神崎寺火渡り修行|神崎町

神崎寺火渡り修行

毎年4月29日、千葉県神崎町の真言宗醍醐派の神崎寺(こうざきじ/神崎大師)で『神崎寺火渡り修行』が執り行なわれます。真言宗醍醐派に伝わる秘法柴燈護摩で、昭和26年に大利根川河川敷で始まったもの。10:30〜JR下総神崎駅で出立式(町内練行出立)、13:00〜大利根川道場で『柴燈護摩火生三昧火渡り修行』。

大利根川河川敷で行なわれる『柴燈護摩火生三昧火渡り修行』

神崎寺火渡り修行

山伏姿の僧が燃え盛る炎の中を素足で通り抜け、その後を信徒や見物人が家内安全、無病息災、病気平癒を祈願して練り歩きます。
くすぶる火のなかを裸足で一心に祈願しながら、浄火を渡り、運気のながれを変えて、幸運を呼び込むもの。

神崎寺は、慶長5年に、行者・普賢が創建した天台宗の寺。
明治初年の神仏分離、廃仏毀釈、そして修験道への弾圧で廃寺へと追いやられましたが、大師信仰は信者に残され、昭和26年に再興し、『柴燈護摩火渡り修行』もその年から行なわれています。

神崎寺火渡り修行|神崎町 DATA

神崎寺火渡り修行|神崎町
開催日時 毎年4月29日
関連HP 神崎寺公式ホームページ
所在地 千葉県香取郡神崎町神崎本宿231
場所 神崎寺
電車・バスで JR下総神崎駅から徒歩20分
ドライブで 圏央道神崎ICから約4km
駐車場 あり
問い合わせ TEL:0478-72-3999/FAX:0478-72-3715
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ