球磨川くだり・ラフティング

球磨川・ラフティング

日本三大急流に数えられるのが人吉盆地を流れる球磨川(くまがわ)。舟下りを運航する「球磨川くだり」では、ラフティングも実施。一勝地駅から球泉洞駅まで、所要1時間30分ほどの豪快でスリリングな球磨川下りを楽しむことができます。ふたつの大きな流れがひとつにな二俣の瀬は、コース中のハイライト。

球磨川・ラフティング

現在の球磨川には48の瀬があり、その中でとくに急流の二俣の瀬、修理(しゅり)の瀬、網場(あば)の瀬、熊太郎の瀬、高曽(たかそ)の瀬が、「球磨川五大瀬」と呼ばれています。
球磨川くだり・ラフティングコース途中には二俣の瀬、修理の瀬、網場の瀬の3ヶ所があり、急な瀬を突破するスリリングなシーンが待ち受けています。

さらに岩場からの飛び込みポイント、泳げるポイント、ジャンプポイントなどが用意されています。

さらにロングコースの「オールラウンド」コースは、渡駅〜球泉洞駅を3時間かけて下るもので、ラフティングの醍醐味を満喫できるコースとなっています。

着替えまたは水着、スニーカーまたは、スポーツサンダル、ゴーグル(コンタクト着用の場合)、眼鏡バンド(メガネ着用の場合)、タオルなどが必要。
体験可能な年齢は、小学5年生〜50歳くらい

球磨川・ラフティング
名称 球磨川くだり・ラフティング/くまがわくだり・らふてぃんぐ
所在地 熊本県球磨郡球磨村渡1887-7
関連HP 球磨川くだり公式ホームページ
電車・バスで JR渡駅から徒歩10分
ドライブで 九州自動車道人吉ICから約9km
駐車場 30台/無料
問い合わせ TEL:0966-22-5555
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
球磨川くだり・清流コース

球磨川くだり・清流コース

静岡県の富士川、山形県の最上川とともに日本三大急流に数えられる、熊本県の球磨川を手漕ぎの船で下る川下りコース。清流コースは熊本県人吉市下新町の人吉発船場から人吉市温泉町の温泉町着船場まで下るもの。清流とはいうものの、途中の符口の瀬では、それ

球磨川・ラフティング

球磨川くだり・ラフティング

日本三大急流に数えられるのが人吉盆地を流れる球磨川(くまがわ)。舟下りを運航する「球磨川くだり」では、ラフティングも実施。一勝地駅から球泉洞駅まで、所要1時間30分ほどの豪快でスリリングな球磨川下りを楽しむことができます。ふたつの大きな流れ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ