第47回雪と火のまつり|三島町

雪と火のまつり

2019年2月9日(土)9:00〜19:45、三島町で『第47回雪と火のまつり』。国の重要無形民俗文化財(三島のサイノカミ)に指定された、その年の五穀豊穣や家内安全を祈願して行なわれる賽の神行事(さいのかみぎょうじ=どんど焼き)や団子刺し、鳥追いを多くの人に体験してもらおうと、会津でも先駆けて実施された冬まつりです。

国の重要無形民俗文化財「三島のサイノカミ」を再現

雪と火のまつり
雪と火のまつり

三島町各地区で行なわれる小正月行事、賽の神。
前の年の年神様(としがみさま)を送り、新しい年神様をむかえるための儀式で、江戸時代から旧暦1月15日(小正月)に行なわれてきたもの。
「三島のサイノカミ」として国の重要無形民俗文化財に指定されています。
それを中心にしたイベントが『雪と火のまつり』。
夜空を集がし巨大な炎と花火が、冬の一夜を幼想的に照らし出します。

9:00〜賽の神つくり
12:00開会式
17:00御神火採火式・奉納神楽
17:30松明行列・鳥追い
18:00賽の神点火

会津地鶏皮焼き&から揚げ(三島町会津地鶏振興会)など、飲食店ブースも充実。
ステージイベントも行なわれます。
会津若松駅より送迎バスが運行。
 

第47回雪と火のまつり|三島町 DATA

第47回雪と火のまつり|三島町
開催日時 2019年2月9日(土)9:00〜19:45
関連HP 福島県三島町観光協会公式ホームページ
所在地 福島県大沼郡三島町大登寺沢976
場所 三島町町民運動場
電車・バスで JR会津宮下駅から徒歩20分。JR会津若松駅から送迎バス運行
ドライブで 磐越自動車道会津西ICから約19km
問い合わせ 三島町観光協会 TEL:0241-48-5000
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ