宮城野湯立獅子舞(箱根の湯立獅子舞)

宮城野湯立獅子舞(箱根の湯立獅子舞)

毎年7月15日、神奈川県箱根町宮城野の諏訪神社の『天王祭』に奉納されるのが宮城野湯立獅子舞箱根の湯立獅子舞)。獅子が熱い釜の湯を熊笹の束でかき回し、参拝客に振りかけて悪疫を払う「釜めぐりの舞」が圧巻。この湯花がかかると、1年間健康でいられるといわれています。

珍しい湯立獅子舞を見学

宮城野湯立獅子舞(箱根の湯立獅子舞)

宮城野諏訪神社の『天王祭』で、諏訪神社内の津島神社に奉納されるのが湯立獅子舞(ゆたちししまい)。
煮えたぎる釜の回りを巡りながら舞うのが「釜めぐりの舞」で、獅子が熱い釜の湯を三度、熊笹の束でかき回し、笹を引き上げて神に献じ、参拝客に湯花を振りかけて悪疫を払います。

伊勢流の湯立神楽(ゆたちかぐら)に代神楽系の獅子舞が組み合わされたもので、全国でも箱根と御殿場市沼田地区(10月最終土曜に沼田子之神社奉納『沼田の湯立神楽』)にしか残っていない、大変希少な伝承芸能です。
宮城野諏訪神社には、安永5年(1776年)、甲州(現・山梨県)から伝来したといわれ、疫病退散を願って始められたもの。
宮舞、平舞、剣の舞、行の舞の後、湯立作法となります。

宮城野では獅子舞保存会が伝統を守り、行事に参加する保存会の会員は、1週間ほど前から一切の不浄を断って練習を積み重ね、前日には全員が社殿に籠もり、何度も水垢離(みずごり)で身を清め、行事に臨んでします。

仙石原地区では『仙石原湯立獅子舞』が3月27日の諏訪神社の祭礼、5月5日の公時神社(金時神社)の『公時まつり』に奉納され、『宮城の湯立獅子舞』とあわせて「箱根の湯立獅子舞」として国の無形民俗文化財に指定。

宮城野湯立獅子舞(箱根の湯立獅子舞)
宮城野湯立獅子舞(箱根の湯立獅子舞)
開催日時 毎年7月15日
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町宮城野719
場所 宮城野 諏訪神社
関連HP 箱根町宮城野木賀観光協会公式ホームページ
電車・バスで 箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス16分、宮城野下車、徒歩6分
問い合わせ 箱根町宮城野木賀観光協会 TEL:0460-82-2220
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
仙石原湯立獅子舞(箱根の湯立獅子舞)

仙石原湯立獅子舞(箱根の湯立獅子舞)

毎年3月27日、神奈川県箱根町仙石原の諏訪神社の例祭に、5月5日に公時神社(金時神社)の『公時まつり』に奉納されるのが仙石原湯立獅子舞(箱根の湯立獅子舞)。獅子が熱い釜の湯を熊笹の束でかき回し、参拝客に振りかけて悪疫を払う「釜めぐりの舞」が

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ