浦の町大ソテツ

浦の町大ソテツ

長崎県平戸市街地の六角井戸(明の商人が使用したと伝えられる井戸)近く、浦の町天満宮の登り口にある巨大なソテツ(蘇鉄)が、浦の町大ソテツ。江戸時代初期の貿易商「川崎屋」の庭に植えられていたもので、樹齢およそ400年と推測されています。

南蛮貿易での平戸の繁栄を今に伝える

かつて延命町・福寿町(現在の浦の町)は平戸で一番栄えた場所で、川崎屋助右衛門、判田五右衛門などの南蛮貿易商が軒を並べていた場所です(判田五右衛門の義理の娘コルネリヤは、混血子女としてオランダ船で国外追放)。
とくに旧延命町には、明人井戸と称する六角形の井戸が現存していますが、当初この町が中国人居留地だった名残り。
後期和冦の統領の王直(おうちょく/生年不詳〜1560年)の屋敷もこの近くにありました。

延命町・福寿町も交易の舞台が長崎・出島に移ってからは、日常の用品を扱う商人町へと変わっていきました。
嘉永3年(1850年)、吉田松陰(よしだしょういん)も山鹿流兵学者・山鹿万助に学ぶため平戸に遊学し、50日ほど紙屋留左衛門宅に滞在したことがあり、浦の町大ソテツは、松陰も見た大ソテツということになります。
時間があれば吉田松陰宿泊紙屋跡、六角井戸などにも寄り道を。

浦の町大ソテツ
名称 浦の町大ソテツ/うらのまちおおそてつ
所在地 長崎県平戸市浦の町
関連HP 平戸市公式ホームページ
電車・バスで JR佐世保駅前から西肥自動車バス平戸桟橋行きで1時間25分、終点下車、徒歩8分
ドライブで 西九州自動車道佐世保みなとICから約37km
駐車場 平戸港交流広場駐車場(50台/無料)
問い合わせ 平戸市観光課 TEL:0950-22-9140/FAX:0950-23-3399
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ