ラッコが見られなくなる!? ラッコを見学できる水族館は2館3頭

現在、日本国内の水族館で飼育されるラッコはわずかに4頭。展示されるのは、鳥羽水族館の2頭とマリンワールド海の中道の1頭の、わずかに3頭。高齢化が進んでいますが、絶滅の危機にあるため、新たな入手も困難。つまりは、国内で間近にラッコを眺めるのは、あと数年という運命にあるのです。

鳥羽水族館

所在地:三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
飼育場所「極地の海」コーナーで2頭を飼育展示
備考:昭和59年2月、日本で初めてラッコの赤ちゃんが誕生した水族館
鳥羽水族館が初めて赤ちゃんを誕生させたのを機に「ラッコブーム」が起こり、ピーク時の平成6年には28施設で122頭が飼育されていました

鳥羽水族館

鳥羽水族館

三重県鳥羽市、昭和30年にミキモト真珠島を眼前とする鳥羽港に誕生した歴史ある水族館が鳥羽水族館(とばすいぞくかん)。「パフォーマンススタジアム」、「海獣の王国」、「古代の海」などにテーマ分けされた12のゾーンを有する超巨大水族館で、約850

マリンワールド海の中道

所在地:福岡県福岡市東区西戸崎18-28
飼育場所ラッコプールで飼育展示
備考:飼育下4世のラッコとして初めて生育した個体、マナが令和3年2月22日に死亡し、現在はオスのリロ1頭に

マリンワールド海の中道

マリンワールド海の中道

福岡県福岡市東区、玄界灘と博多湾に挟まれた国営海の中道海浜公園の一角にある水族館(西鉄グループの運営)が、マリンワールド海の中道。「対馬暖流」をメインテーマに、350種2万点を飼育展示。20種以上のサメが悠然と泳ぐパノラマ大水槽、イルカ・ア

ラッコが見られなくなる!? ラッコを見学できる水族館は2館3頭
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ