日本三奇橋とは!?

日本三奇橋とは!?

山あり谷ありの日本列島にはたくさんの橋がかかっていますが、歴史的に日本三奇橋といわれるのは、甲州(現・山梨県大月市)の猿橋、防州・岩国(山口県岩国市)の錦帯橋、越中新川郡(富山県黒部市)の愛本橋ですが、愛本橋は現存しないため、その代りに日光の神橋、祖谷のかずら橋などが加えられるのが一般的です。

日本三奇橋

江戸時代に築かれた独創的な橋が日本三奇橋といわれています。
ただし、特定の選者がいるわけでもなく、越中の愛本橋が選ばれていますが、広重は五畿七道の68ヶ国と江戸から名所を各1ヶ所選抜した『六十余州名所図会』では、甲斐では「さるはし」を描き、周防では「岩國 錦帯橋」を選んでいますが、越中では「冨山 舩橋」(神通川に架かる日本一の舟橋)を絵にしているのです。
つまり、広重的には「愛本橋より神通川の船橋の方が絵になる」と判断したわけなのですが、橋の構造学的にはやはり愛本橋に軍配が上がるうようなのです。

猿橋/山梨県甲府市/木造刎橋

猿橋
猿橋

甲州街道に架かる全長16間(29m)の奇矯。
岸の岩盤に穴を開け、刎木(はねぎ)を斜めに差し込み、川の上に突き出して、さらにその上に同様の刎ね木を突き出し、下の刎ね木に支えさせる構造の刎橋(はねばし)。
この上に板を敷いて橋にすれば、橋脚がない橋ができあがります。
深い峡谷に橋をかける際や急流の瀬に架橋する場合など、橋脚を立てることが困難な場合に、刎橋が架橋されました。
同様の刎橋は、駿府・井川上流の井川刎橋、信州・飯田の天竜橋など、江戸時代から明治初年には各地に架橋されています。

猿橋

2017年9月28日

錦帯橋/山口県岩国市/木造アーチ橋

錦帯橋
錦帯橋

延宝元年(1673年)、岩国藩主・吉川広嘉(きっかわひろよし)が岩国城と岩国城下を結ぶ橋として錦川に架橋した橋。
それまでの橋は洪水で流されたため、大工の児玉九郎右衛門を甲州に派遣し、猿橋を調査しますが、川幅が200mもある錦川では刎橋は無理だという結論から、石垣で橋台を強固にした連続アーチ橋を架橋しました。
延宝2年(1674年)、洪水によって石の橋脚が壊れ、木橋が落下したことで、橋台をさらに強化させたところ、昭和25年9月14日のキジア台風で流出するまで、往時の姿をとどめていました。
昭和28年に再建工事が完了しています。
江戸時代には木製のアーチ橋(第二、第三、第四橋)は、ほぼ20年ごとに架け替えられていました。
現在も補修の際の設計や測量はすべて尺貫法で行なわれています。
岩国市では橋の木材確保のため、植林活動も行なっています。

錦帯橋

2017年9月28日

愛本橋/富山県黒部市/木造刎橋

愛本橋
ありし日の愛本橋/古い絵葉書から(シマウマ-クラブ蔵)

愛本橋は、北アルプスの水を集め、暴れ川で知られる黒部川の下流部に架けられた刎橋。
参勤交代の難所、黒部四十八ヶ瀬を渡る代わりに黒部川に橋を渡して往来を容易にしようと、寛文3年(1663年)に架けられました。
全長は206尺(62.4m)という長大な刎橋でした。
『政隣記』の寛文2年(1662)の条には、
「越中新川郡黒部川ハ大河二て水増時ハ往来難成、依之川上之山之根愛本村之所ハ川幅狭し、此所二今年梯を被渡、是より往来之煩なし、是を愛本之橋と云、日本無双の梯也」と記されています。
初代の刎橋は、明治24年に木造アーチ橋に架け替えられています。
現在の橋は12代目。

神橋、かずら橋も候補に

神橋/栃木県日光市/木造刎橋と桁橋の組み合わせ

日光山内への入口、大谷川(だいやがわ)に架かるのが神橋(しんきょう)。
刎橋と桁橋を組み合わせた橋で、国の重要文化財に指定されています。
現在の橋は明治37年の再建。
世界遺産「日光の社寺」の構成資産にもなっています。

神橋

神橋

2018年7月16日

祖谷のかずら橋/徳島県三好市/かずら橋(吊橋)

家の落人が追っ手の進入を防ぐためにシラクチカズラで編んだといわれる吊橋で、国の重要文化財。
3年に一度の掛け替え工事が行なわれています。

祖谷のかずら橋

2017年9月27日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ