松山城・北隅櫓 南隅櫓

松山城の天守の建つ本壇(天守曲輪)の西端、高石垣の上に連続して建つ棟。南北に隅櫓が配され、その間を十間廊下が繋いでいます。北隅櫓は、北隅櫓は小天守北ノ櫓とか戊亥小天守、南隅櫓は申酉小天守とも呼ばれ、天守に次ぐ格式をもつ櫓となっています。

本壇(天守曲輪)西側の守りを固める格式高い櫓

北隅櫓の西隣に玄関多門櫓(大天守への玄関)・内門が続いています。
北隅櫓、南隅櫓とも2階の窓には格式を高めるため飾りの高欄があることに注目を。

西側の石垣下から見上げると威圧感すら覚えるほどとなっています。
下から見上げると石落としなど実戦的な仕掛けが見学できます。

昭和8年の放火で焼失し、現在の建物は昭和43年の再建。


 

松山城・北隅櫓 南隅櫓 DATA

名称 松山城・北隅櫓 南隅櫓/まつやまじょう・きたすみやぐら みなみすみやぐら
所在地 愛媛県松山市丸之内1
関連HP 松山市城山公園ホームページ
電車・バスで JR松山駅から道後温泉行き伊予鉄道市内電車で10分、大街道下車、徒歩5分
ドライブで 松山自動車道松山ICから約6kmで松山市二番町駐車場
駐車場 224台(松山市二番町駐車場)/有料、ロープウェイ・リフトを利用の場合は松山城駐車場(64台/有料)が至近
問い合わせ 松山城総合事務所TEL:089-921-4873
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ