新美南吉生家

新美南吉生家

『ごんぎつね』、『手ぶくろを買いに』などで知られる児童文学作家・新美南吉(にいみなんきち/本名:新美正八/旧姓渡邉)の生家。新美南吉は、愛知県知多郡半田町(現・半田市)岩滑(やなべ)の出身。大正2年7月30日、父・渡邉多蔵、母・りゑの次男として現存する生家に生まれています。

童話『ごん狐』で知られる新美南吉の生家

半田第二尋常小学校(現・半田市立岩滑小学校)に学び、愛知県立半田中学校(現・愛知県立半田高等学校)へ入学。
昭和7年の『赤い鳥』1月号に童話『ごん狐』が掲載され、その年の4月に東京外国語学校(現・東京外国語大学)英語部文科文学に入学。
結核という持病を抱えながら安城高等女学校(現・安城高校)の教員となり、『良寛物語 手毬と鉢の子』(学習社)や童話集『おぢいさんのランプ』(有光社)を出版しますが、病状が悪化し、29歳で夭逝(ようせい)。

生家は東海道笠寺(笠寺観音の東)と半田を半田街道(知多街道/現・愛知県道264号阿久比半田線)、そして亀崎と大野を結ぶ大野街道(現・愛知県道265号碧南半田常滑線)の交差点近くにあり、往時の常夜燈(幼い頃の南吉の遊び場のひとつ)や標石も残されています。

一見すると平屋に見えますが、裏に回ると2階建てだということがわかります。
正面から見て右が父・渡邉多蔵が営んだ畳屋、左が継母・志ん(大正6年に実母・りゑが死去、大正8年に多蔵は志んと再婚)の下駄屋。
戦後、この生家は人手に渡っていましたが、その後、半田市が購入。
新美南吉が住んでいた当時の間取りに復元して、昭和62年から公開しています。

童話『狐』(きつね)、『久助君の話』、『疣』(いぼ)などに登場する岩滑八幡社、童話『ひよりげた』の舞台である常福院も徒歩圏内。
新美南吉が養子として数ヶ月間を過ごした、実母りゑの生家(新美家)も「かみや美術館」の分館「南吉の家」として保存されています。

画像協力/半田市

新美南吉生家
名称 新美南吉生家/にいみなんきちせいか
所在地 愛知県半田市岩滑中町1-83
関連HP 半田市公式ホームページ
電車・バスで 名鉄河和線知多半田口駅から徒歩3分
ドライブで 知多半島道路半田中央ICから約3km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 半田市市民経済部観光課 TEL:0569-84-0689
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
半田市立博物館

半田市立博物館

愛知県半田市にある近世以降、醸造のまちとして栄えた半田の歴史と文化を紹介するミュージアムが半田市立博物館。博物館が建っているのは、半田地域文化広場と呼ばれるエリアで、半田空の科学館、半田市体育館、半田市はなのき広場(現在の任坊山公園)、半田

半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)

半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)

愛知県半田市にあるレンガ造りの建物が半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)。明治31年に丸三麦酒のビール工場として建築され、「カブトビール」の製造が行なわれましたが、昭和初期に製造は終了し、戦時下では中島飛行機製作所の衣糧倉庫として使用され

旧中埜家住宅

旧中埜家住宅

愛知県半田市にあり中埜半六(なかのはんろく)の別邸として建築された明治時代末期の洋風建築が旧中埜家住宅。明治44年築で国の重要文化財。建物は中埜家10代の中埜半六がイギリスで見た欧米住宅の美しさに惹かれ別邸として建築したハーフティンバー様式

新美南吉記念館

新美南吉記念館

愛知県半田市にある半田出身の童話作家・新美南吉の業績を紹介するミュージアムが新美南吉記念館。童話『ごん狐』の舞台とされる「中山さまの城跡」(童話の森)に隣接する地に、新美南吉生誕80周年・没後50周年を記念して平成6年に開館した記念館です。

中島飛行機滑走路跡

中島飛行機滑走路跡

愛知県半田市にある戦時中に海軍の航空機を生産した中島飛行機半田製作所の滑走路跡が、中島飛行機滑走路跡。北西から南東にのびる滑走路は全長924mの1本。南東側が堤防に当たるため、中島飛行機半田製作所の生産機、艦上攻撃機「天山」や艦上偵察機「彩

新美南吉の養家・新美家

新美南吉の養家・新美家

愛知県半田市にある『ごんぎつね』、『手ぶくろを買いに』などで知られる児童文学作家・新美南吉(にいみなんきち/本名:新美正八/旧姓渡邉)の母・りゑの実家が新美家。裕福な農家でしたが、大正10年、叔父・鎌治郎の病没で、当時8歳の南吉が新美家と養

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ