中島飛行機滑走路跡

中島飛行機滑走路跡

愛知県半田市にある戦時中に海軍の航空機を生産した中島飛行機半田製作所の滑走路跡が、中島飛行機滑走路跡。北西から南東にのびる滑走路は全長924mの1本。南東側が堤防に当たるため、中島飛行機半田製作所の生産機、艦上攻撃機「天山」や艦上偵察機「彩雲」は、離陸できても着陸はできない離陸専用滑走路でした。

戦時中に海軍機を生産した中島飛行機の滑走路

大正時代に堤防を作って開拓された土地に中島飛行機の新工場建設を誘致し、昭和17年8月20日に地鎮祭が行なわれ、広大な工場と、滑走路が建設されました。
昭和18年中には、滑走路から初号機を飛ばすことが海軍からの至上命令でもあったため、最初に組立工場と滑走路が建設ました。

当初は、幅70m、長さ2540mの南北滑走路、長さ1790mの東西滑走路が造られる予定でしたが、全長924mの1本だけで終戦を迎えています。
当然、アメリカ軍もこの工場と滑走路は承知しており、「KAMEZAKI AIRFIELD(亀崎飛行場)」と呼んでいました。

滑走路の西側には中島飛行機半田製作所の工場がありました。
半田市上浜町に本社を構える機体部品の製造メーカー・輸送機工業(富士重工の子会社)は、中島飛行機半田製作所の後継企業です。

滑走路末端部の離陸のためのターニングポイント(展開場所)も市街化されながらも円形に残されています(滑走路脇の排水路も現存)。
中島飛行機半田製作所で生産した飛行機は、この滑走路を飛び立ち、伊勢湾を渡って、鈴鹿航空隊などに空輸されて再整備され、海軍に納品されています。
終戦に至るまでの間に中島飛行機半田製作所では、発注された2411機に対して1417機の機体を生産しています(疎開工場の小松工場分を含む)。

カブトビールを生産していた大日本麦酒半田工場(現在の半田赤レンガ建物)も中島飛行機に接収され、厚生課の本拠が置かれています。

中島飛行機滑走路跡
名称 中島飛行機滑走路跡/なかじまひこうきかっそうろあと
所在地 愛知県半田市中午町101-2
ドライブで 知多半島道路半田中央ICから約6km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)

半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)

愛知県半田市にあるレンガ造りの建物が半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)。明治31年に丸三麦酒のビール工場として建築され、「カブトビール」の製造が行なわれましたが、昭和初期に製造は終了し、戦時下では中島飛行機製作所の衣糧倉庫として使用され

旧中埜家住宅

旧中埜家住宅

愛知県半田市にあり中埜半六(なかのはんろく)の別邸として建築された明治時代末期の洋風建築が旧中埜家住宅。明治44年築で国の重要文化財。建物は中埜家10代の中埜半六がイギリスで見た欧米住宅の美しさに惹かれ別邸として建築したハーフティンバー様式

新美南吉生家

新美南吉生家

『ごんぎつね』、『手ぶくろを買いに』などで知られる児童文学作家・新美南吉(にいみなんきち/本名:新美正八/旧姓渡邉)の生家。新美南吉は、愛知県知多郡半田町(現・半田市)岩滑(やなべ)の出身。大正2年7月30日、父・渡邉多蔵、母・りゑの次男と

新美南吉記念館

新美南吉記念館

愛知県半田市にある半田出身の童話作家・新美南吉の業績を紹介するミュージアムが新美南吉記念館。童話『ごん狐』の舞台とされる「中山さまの城跡」(童話の森)に隣接する地に、新美南吉生誕80周年・没後50周年を記念して平成6年に開館した記念館です。

半田市立博物館

半田市立博物館

愛知県半田市にある近世以降、醸造のまちとして栄えた半田の歴史と文化を紹介するミュージアムが半田市立博物館。博物館が建っているのは、半田地域文化広場と呼ばれるエリアで、半田空の科学館、半田市体育館、半田市はなのき広場(現在の任坊山公園)、半田

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ