日本三大鍾乳洞へ!

鍾乳洞(しょうにゅうどう)は、石灰洞とも呼ばれるように、石灰岩が地下水などによって浸食されて誕生した洞窟です。日本三大鍾乳洞といわれるのは、有名な山口県美祢市の秋芳洞(あきよしどう)、地底湖で有名な岩手県岩泉町の龍泉洞、そして弥生時代の遺跡も見つかっている高知県香美市にある龍河洞の3ヶ所です。

サンゴ礁の海だった地が隆起し、浸食で大鍾乳洞が誕生!

まず注目したいのは、カルスト地形(石灰岩地帯)は、過去に海底だった証(あかし)という点。
しかも暖かい海だったと推測できるのです。
なぜなら、石灰岩の原料は、暖かい海のサンゴだから。
主成分が炭酸カルシウムの石灰岩は隆起して地上に出ると、雨水などにより侵食され、洞窟を生み出し、さらに天井から滴る水でつららのように方解石(炭酸カルシウムを主成分とする鉱物)の沈殿物が成長し、鍾乳石を生み出します。

秋芳洞、龍泉洞、龍河洞が三大鍾乳洞ですが、長さ(総延長)だけを比べれば安家洞(岩手県岩泉町/23700m)、秋芳洞(山口県美祢市/10700m)、大山水鏡洞(鹿児島県知名町/10483)、河内風穴(かわちかざあな/10020m)、内間木洞(岩手県久慈市/6013.8m)がベスト5です。
秋芳洞は2位にランクインしていますが龍河洞は20位以下、龍泉洞は60位以下の規模となってしまいます。

秋芳洞

山口県美祢市/総延長10.7km
国の特別天然記念物、日本の地質百選
1kmが観光コースとして一般公開

秋芳洞

2018.07.26

龍泉洞

岩手県岩泉町/総延長3631m
国の天然記念物、日本の地質百選
700mを公開
第四地底湖は深さ120mで透明度は41.5mと透明度日本一

龍泉洞

2018.07.24

龍河洞

高知県香美市/総延長4km
国の天然記念物および史跡、日本の地質百選
東本洞の約1kmを公開

龍河洞

2018.07.25

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ