天然能登寒ブリのグランプリ(最高金額)を決める『鰤-1グランプリ』開催|2023

鰤-1グランプリ

2023年12月1日(金)、石川県金沢市のかなざわ総合市場で『鰤-1グランプリ』が開催されます。11月の『蟹-1グランプリ』に続いて、石川県漁業協同組合が12月〜1月に揚がる寒ブリの初セリで、最高級ブランド「煌」(きらめき)のなかのナンバーワンを選出するイベントです。

今年も寒ブリ漁、鰤-1(ブリワン)のシーズンが到来!

2022年12月1日に、最高級ブランド「煌」(きらめき)の選定と同時並行するかたちで、第1回『鰤-1グランプリ』が開催され、目利き人による厳しい認定をクリアした、1本のみが初の「煌(きらめき)」に認定。

セリでの価格は1本400万円と寒ブリとしては前例のない史上最高額の落札され、2021年の加能ガニ「輝」の500万円、2022年11月の香箱ガニ「輝姫」に続き、石川県漁業協同組合における新ブランドの華々しい初セリデビューを飾っています。

1本400万円の寒ブリは、石川県七尾市の岸端(きしはた)定置網組合で揚がったもので、七尾市の企業で、スーパーを経営する株式会社どんたくが落札、食品スーパー「どんたく西南部店」「どんたくアスティ店」で刺し身、寿司として販売されています。

鰤-1グランプリ

天然能登寒ブリの最高峰「煌(きらめき)」の認定基準とは!?

天然能登寒ブリのうち以下の条件を全て満たすものだけを市場の目利き人により「煌」に認定

  • 石川県内の定置網で獲られる天然能登寒ブリ
  • 重量14kg以上
  • 12月〜翌年1月までの間に限定
  • 傷がなく胴回りが十分あること
  • 鮮度の徹底(氷締めや活締めを施すなど)が行なわれていること
  • 資源管理への積極的な取り組みが行なわれていること(地区ごとに年間2~3ヶ月の網揚げ休漁を行うほか、小型魚が入らないよう網の目を大きくするなど、将来寒ブリとなる資源を守る自主的な資源管理を実施しているもの)
鰤-1グランプリ
天然能登寒ブリのグランプリ(最高金額)を決める『鰤-1グランプリ』開催|2023
開催日時 2023年12月1日(金)
所在地 石川県金沢市無量寺町ラ45−1
場所 かなざわ総合市場
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
石川県でカニ漁解解禁!

11月6日、石川県でカニ漁解解禁! 『蟹-1(カニワン)グランプリ』『姫-1(ヒメワン)グランプリ』開催!|2023

2023年11月6日(月)、石川県でカニ漁が解禁されます。石川県漁業協同組合は、初セリ(カニ漁解禁日)に合わせて、各船が厳選した雄のズワイガニ(加能ガニ)、雌のズワイガニ(香箱ガニ)のグランプリ(最高落札のカニ)『蟹-1(カニワン)グランプ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ