初島(熱海市)で丼グルメ対決『初島漁師の丼合戦』開催!|2020

初島漁師の丼合戦

静岡県熱海沖の初島(はつしま)で、2020年2月8日(土)~3月8日(日)の間、相模灘の獲れたて海の幸を堪能できるグルメイベント『初島漁師の丼(どんぶり)合戦』を開催。
「首都圏から一番近い離島」がキャッチフレーズの初島。周囲約4km、人口240人ほどの小さな島です。熱海の沖合10kmほどのところに浮かんでいるので、東海道新幹線の車窓からも見ることができます(伊豆大島と勘違いしている人もいますが・・・)。

合戦の地は熱海から船で30分の初島!

海が煮えたぎったことが熱海の地名の由来といわれますが、初島は火山島ではなく、海底が隆起して海上に姿を現した海成段丘(隆起と海水の侵食によって出来た地形)の島です。

初島港入港の「イルドバカンスプレミア」(富士急マリンリゾート)
初島港入港の「イルドバカンスプレミア」(富士急マリンリゾート)

『初島漁師の丼合戦』は、 島の漁師が営む食堂を中心とした島内の17店舗が、獲れたての地魚やイカ、エビ、サザエ、伊豆特産の野菜・アシタバといった地元食材をふんだんに使った丼(どんぶり)を提供し、その人気を競い合う、「初島を挙げてのグルメイベント」(初島区事業協同組合)なのです。

まずは、合戦の地、初島に渡ります。
初島へは熱海港から高速船(富士急マリンリゾート/「イルドバカンスプレミア」または「イルドバカンス3世号」)で30分。
富士急マリンリゾートでは、イベント期間中、熱海~初島間の往復乗船券と島内の参加店舗で利用できる「ミールクーポン」をセットにした「初島丼合戦セット券」を、熱海港初島航路乗船窓口で販売しているので、これを購入するのがお得。

「初島丼合戦セット券」に、南国の花が咲き乱れる「アジアンガーデン」の入園料もセットにしたチケットなら、さらに割引率もアップで、得する計算に。

初島ではお花見も楽しめます

初島

温暖な初島ではこの時季、熱海桜や河津桜、水仙、チューリップ、菜の花など春を彩る花々に加え、ストレリチア(極楽鳥花)やアロエといった珍しい南国の花も見頃を迎えます。

また、1.初島港、2.初木神社、3.初島公園前、4.アジアンガーデン(初島アイランドリゾートへの入園料が必要)、5.トレーラーヴィラ(初島アイランドリゾートへの入園料が必要)という島内5ヶ所に、初島訪問記念のフォトスポットを設置。

熱海サンビーチの前に建つ全室オーシャンビューの温泉リゾートホテル「熱海シーサイドスパ&リゾート」ではイベント期間中、 「初島丼合戦セット」と宿泊を組み合わせた宿泊プランを用意しています。

初島漁師の丼合戦
開催日時 2020年2月8日(土)~3月8日(日)11:00~15:00
所在地 静岡県熱海市初島
場所 初島食堂街
関連HP 初島漁師の丼合戦公式ホームページ
問い合わせ 富士急マリンリゾート TEL:0557-81-0541
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ