姫路城・イの渡櫓

姫路城本丸の天守台の北側に続く帯状の北腰曲輪(きたこしくるわ)の北側に続く櫓群の西端に位置するのがイの櫓。イ・ロ・ハ・ニ・ヘの渡櫓とホの櫓が連結する櫓群の西側を守備する櫓で、慶長年間の築と推測されるため国の重要文化財に指定されています。

北腰曲輪にある一重渡櫓

姫路城之図・イの渡櫓

「ほの門」北に位置する「イの渡櫓」。
平時にはハの渡櫓、ニの渡櫓同様に塩などの生活必要品の備蓄を行なったと推測できます。
渡櫓と名が付くものの、明治時代に陸軍がつけた名称で、本来の渡櫓ではありません。

姫路城には南面で大天守に、北面で東小天守に接続する「イの渡櫓」(国宝/姫路城イ、ロ、ハ、ニの渡櫓)が別にありますが、そちらは二重二階櫓で本来の渡櫓です。

姫路城・イの渡櫓 DATA

名称 姫路城・イの渡櫓/ひめじじょう・いのわたりやぐら
Inowatariyagura,Himeji Castle
所在地 兵庫県姫路市本町68
関連HP 姫路城公式ホームページ
電車・バスで JR・山陽電鉄姫路駅から徒歩15分
ドライブで 山陽自動車道山陽姫路東ICから約6km
駐車場 市営大手門駐車場(600台)、市営姫山駐車場(250台)、市営城の北駐車場(150台)/有料
問い合わせ 姫路城管理事務所TEL:079-285-1146/FAX:079-222-6050
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

姫路城

2017.12.07
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ