福山城・月見櫓

福山城・伏見櫓

福山城の本丸南側に建つ美しい櫓。伏見櫓同様、徳川時代の伏見城から移築された櫓と伝承されますが、第2次世界大戦の戦火で焼失し、現在の櫓は昭和41年にコンクリートで造られた復興櫓。南側正面にある石落しの有無(復興櫓には1階南側に石落としがあります)や窓の配置など残念ながら往時の姿とは隔たりがあります。

藩主の着船を確認した「着見櫓」が本来の名前!?

福山城・月見櫓

2層2階建てで北側に附櫓を有した月見櫓は、廃城令で破却され、明治21年に「葦陽館」という貸会場が建てられていました。
「葦陽館」も福山大空襲で焼失し、市制50周年記念事業で現在のコンクリート製の櫓が再建されたもの。
2階は「葦陽館」の歴史を伝承して貸会場になっていて、飲食も可能であることからお花見シーズンには人気があります。

福山城では唯一、唐破風が用いられ、高覧を備えるなど独特のもので、藩主が月見を楽しんだのがその名の由来といわれています。
本来は着見櫓で、現在の福山駅南口にあった瀬戸内海と結んだ水路に船が着くのを見守る櫓で、藩主の出立や着船をここで確認していました。
そのため入江方面を眺望する南東隅に建てられています。

福山城・本丸

正保城絵図に見る福山城の本丸と月見櫓

 

福山城・月見櫓 DATA

名称 福山城・月見櫓/ふくやまじょう・つきみやぐら
所在地 広島県福山市丸之内1-8
関連HP 福山城博物館公式ホームページ
電車・バスで JR福山駅北口から徒歩5分
ドライブで 山陽自動車道福山東ICから約6.8km
駐車場 ふくやま美術館・広島県立歴史博物館駐車場(40台)、ふくやま文学館駐車場(30台)/有料
問い合わせ 福山城博物館 TEL:084-922-2117/FAX:084-922-2126
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

福山城

2018.02.28

福山城天守(福山城博物館)

2018.02.27
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ