磐梯吾妻スカイライン・天狗の庭

天狗の庭

磐梯吾妻スカイラインの高湯側入口から、約10kmに位置する紅葉の名所が、天狗の庭(福島県福島市)。作家・井上靖が名付けたという8ヶ所ある絶景ポイント「吾妻八景」(あずまはっけい)のひとつで、高湯側からだと、ダケカンバ茂る白樺の峰、不動沢橋の架るつばくろ谷を越えた先にあります。

天狗伝承の残る雲上の森は紅葉の名所

ダケカンバ、ブナ、クヌギ、ナラなど、美しい落葉樹の樹海が広がるビュースポット、白樺の峰を越えるあたりから、展望もワイドに広がり、天狗の庭一帯はクマザサが生い茂る展望が開けた広々とした尾根。
山岳信仰が盛んだった頃、天狗が自分の庭のごとく飛び回っていた、との伝説が残る場所ですが、路側に標示と案内板があるのみで、駐車場などはありません(路側が少し幅広くなっています)。

新緑の頃はもちろん、紅葉の時期には、見事な景観となります。
紅葉の見頃は、標高1400mの天狗の庭で例年10月上旬〜中旬頃。
標高1200mから眼下を眺めるつばくろ谷(不動沢橋)だと10月中旬〜下旬頃。
逆に、最高所の浄土平では9月下旬〜10月上旬頃。

磐梯吾妻スカイライン沿いの「吾妻八景」は、(1)白樺の峰、(2)つばくろ谷、(3)天狗の庭、(4)浄土平、(5)双竜の辻(右に磐梯山、左に安達太良山の絶景スポット)、(6)湖見峠(猪苗代湖、秋元湖、小野川湖、桧原湖を一望に)、(7)天風境(遠く磐梯山、眼下の木の間から幕滝を眺望)、8)国見台(眼下に会津盆地)の8ヶ所。

磐梯吾妻スカイラインは冬季閉鎖のほか、火山活動による交通規制が実施されることがあります。
お出かけ前に最新の情報の入手を。

磐梯吾妻スカイライン・天狗の庭
名称 磐梯吾妻スカイライン・天狗の庭/ばんだいあづますかいらいん・てんぐのにわ
所在地 福島県福島市土湯温泉町賽ノ河原
関連HP 福島市観光コンベンション協会公式ホームページ
ドライブで 東北自動車道福島西ICから約25.6km
駐車場 なし
問い合わせ 福島県県北建設事務所吾妻土湯道路管理所 TEL:0242-64-3478
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

浄土平

浄土平は磐梯吾妻スカイラインの中間地点で、標高1580mの平坦地。一切経山、吾妻小富士、桶沼(おけぬま)に囲まれた一帯は、一切経山の火山噴火により生成された火山荒原のなかに位置しています。磐梯吾妻スカイラインの最大の見どころで、浄土平ビジタ

磐梯吾妻スカイライン

高湯温泉〜浄土平〜土湯峠を結び吾妻(あづま)山系を南北に縦断する全長28.7kmのドライブルートが、磐梯吾妻スカイライン(正式名は磐梯吾妻道路)。平均標高1350mという山岳ルートで、ヘアピンカーブが連続し、車窓の左右に絶景が展開する爽快な

天風境

磐梯吾妻スカイライン・天風境

福島県福島市、吾妻山上を走る山岳ドライブウェイの磐梯吾妻スカイライン。無料化されて現在は福島県道70号(福島吾妻裏磐梯線)ですが、昭和34年に作家・井上靖が沿線の絶景ポイント8ヶ所を選定したのが「吾妻八景」。そのうちのひとつ、土湯ゲートから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ