ますや本店 台新店

ますや本店 台新店

福島県郡山市のご当地ラーメンが「郡山ブラック」。まだまだ全国的には無名の存在ですが、醤油ベースのラーメンながら、黒いスープが特徴。その元祖の味を今に伝えるのが、ますや本店。明治元年、郡山駅前で創業したますや食堂は、廃業しましたが、その親族によって受け継がれるルーツの味です。

「郡山ブラック」元祖の味を今に伝える店

ますや本店 台新店

喜多方、白河、そして郡山が福島三大ご当地ラーメン。
そば文化の根付く福島県・中通り、そして会津はラーメン激戦区でもあり、郡山もそのひとつ(人口あたりのラーメン店の軒数は全国トップクラス)。
郡山ラーメンに特別な定義はなく、醤油、味噌、豚骨といった多種多様なラーメンを味わうことができます。

「ますや本店」当主の柴原久男さんの曾祖母・柴原マスさんが明治元年に開いた「ますや食堂」が、郡山ラーメンの原点。
平成15にいったん閉店しましたが、「ますや本店」として再出発したのです。
麺も「ますや食堂」の麺を作っていた機械をそのまま使用し、昔ながらの製法を守っていいます。
加水の少ないストレートの中細麺が基本(好みで細麺、ちぢれ麺、太麺を選択可能)。

スープは、丼で醤油とスープを混ぜるのではなく、寸胴で鶏ガラベースで煮込んだスープに濃口醤油を入れ、さらにチャーシューを煮込んだ別銘柄の醤油スープを足しています。
それが、スープの「深みとキレ」を生み、「見た目と違って、しょっぱくないのが特徴」(店主の柴原久男さん)。

自慢のチャーシューも、脂の多いばら肉と赤味の多いもも肉のミックス、バラ肉のみ、もも肉のみからチョイスできる仕組み。

ますや本店は台新店のほかに郡山駅前に駅前店もあり、新幹線利用者にはそちらが便利。

郡山ラーメン一麺会が組織され、 オリジナルの「 大地の麺 」が土産用に用意されています。

ますや本店 台新店
名称 ますや本店 台新店/ますやほんてん だいしんてん
所在地 福島県郡山市台新1-4-13
電車・バスで JR郡山駅から福島交通バスコスモス循環で安積高校下車、徒歩1分
ドライブで 東北自動車道郡山中央スマートICから約4km
駐車場 9台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ