田谷の洞窟(定泉寺・瑜伽洞)

田谷の洞窟(定泉寺・瑜伽洞)

神奈川県横浜市栄区田谷町にある真言宗大覚寺派の名刹が、定泉寺(じょうせんじ)。境内に田谷の洞窟と通称される神秘的な洞窟、瑜伽洞(ゆがどう)があることでも有名。鎌倉時代、真言密教の修行の霊窟として開削された洞窟で、現在も修行の場としての厳粛な宗教空間となっています。

地下迷宮のような霊窟は、今も修行の場に

全長500m以上という瑜伽洞の洞内には曼荼羅、十八羅漢、西国三十三所、坂東三十三観音、秩父三十四観音霊場、四国八十八所霊場などが彫られ、信仰の場であるだけでなく、芸術的な空間にもなっています。
洞内の温度は通年16度前後と一定で、夏は涼しく、冬は暖かく感じられます。
地下水も流れ、適度な湿度が、壁画などを守っています。
洞窟内には電灯が整備されていますが、薄暗い空間のため、蝋燭(ろうそく)を手に入洞する仕組み。
現在でも修行道場であり、参拝の場として公開されているため、洞内で騒いだり、撮影をすることは禁止。
当然、酒気を帯びての入洞、洞内での飲食も不可です。

定泉寺は、瑜伽洞よりも新しく、天文元年(1532年)の開創で、本尊に厄除身代り阿弥陀如来、不動明王、弘法大師を祀っています。
境内は鎌倉幕府の御家人、和田義盛(わだよしもり)の子・朝比奈義秀(あさひなよしひで=和田合戦で、最もめざましく奮戦)の館跡とされています。

田谷の洞窟(定泉寺・瑜伽洞)
名称 田谷の洞窟(定泉寺・瑜伽洞)/たやのどうくつ(じょうせんじ・ゆがどう)
所在地 神奈川県横浜市栄区田谷町1501
関連HP 定泉寺公式ホームページ
電車・バスで JR大船駅から神奈中バス戸塚バスセンター行きで洞窟前下車すぐ
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 定泉寺 TEL:045-851-2392
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ