牧野公園

牧野公園

高知県高岡郡佐川町にある日本さくら名所100選に選定牧野公園桜の名所が牧野公園。文久2年(1862年)、土佐国佐川村(現・佐川町)の造り酒屋の一人息子として西町に生まれ、名教館で学んだ植物学者・牧野富太郎。昭和33年に公園内の町道が完成した際に牧野公園と命名されています。

植物学者・牧野富太郎ゆかりの公園

牧野富太郎は、明治14年、家業の造り酒屋を処分し上京し植物学に没頭。
明治21年に『大日本植物志図編』を自費出版し、独力で「植物学の父」と呼ばれるほどの権威となりました。

採集した標本は60余万点、命名発表した新種は1000種を越え、佐川町の町花・町木の「サカワサイシン」「稚木の桜」も博士の命名。

牧野公園は明治35年、牧野富太郎が東京・染井で見つけたソメイヨシノの苗を地元に送り、有志が青源寺の土手などに植えたことに始まる桜の名所です。
クローンであるソメイヨシノは、寿命が短く、現在ソメイヨシノのリニューアルが進められています。

牧野富太郎と佐川町出身で明治後期に宮内大臣を務めた田中光顕(たなかみつあき)の墓があります。
佐川町総合文化センターには牧野富太郎資料展示室があるほか、郷土の偉人を顕彰して高知市五台山に高知県立牧野植物園がつくられています。

名称 牧野公園/まきのこうえん
所在地 高知県高岡郡佐川町甲
関連HP さかわ観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR佐川駅から徒歩10分
ドライブで 高知自動車道伊野ICから約20km。または、須崎東ICから約12.5km
駐車場 24台/無料(桜の開花期間中は臨時駐車場を開設)
問い合わせ さかわ観光協会 TEL:0889-20-9500/FAX:0889-20-9501
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ