久保田早紀の『異邦人』の舞台、実は東京都国立市だった!?

久保田早紀の『異邦人』

昭和54年10月1日に発売された久保田早紀(くぼたさき=現在は久米小百合で活動)のデビュー・シングルが、『異邦人』。正式タイトルは、『異邦人 -シルクロードのテーマ-』で、シルクロードの旅人をイメージする素敵な楽曲です。実は、この曲、東京都国立市で生まれています。

国立市の空き地で子供たちの鬼ごっこから『異邦人』が誕生!

【medikatsu】「異邦人」の久保田早紀さんこと久米小百合さんが語るデビュー時秘話

当初のタイトルは『白い朝』。
13歳まで暮らした国立市(当時は国立町)のJR国立駅前の大学通り、さらに当時暮らしていた八王子の景観をイメージし、曲の冒頭の「子供たちが空に向かい両手を広げ」は、国立市出身の久保田早紀が通学時に使っていた中央本線(当時は国鉄)の車窓から見た、国立駅近くの空き地で遊ぶ子供たちの姿だったのです。

名曲の出だしが誕生したシーンは、「国立近くに差しかかると、当時は空き地がたくさんありました。電車から子供が鬼ごっこをしている風景が目にとまって」(NETTV『どんどん夢が叶う・メディカツ』「異邦人」の久保田早紀さんこと久米小百合さんが語るデビュー時秘話)とまさに中央本線の車中です。

久保田早紀は、昭和33年5月11日、東京都北多摩郡国立町(現・国立市)の生まれ。
13歳のときに八王子市に引っ越していて(共立女子第二中学に通学、洗礼を受けたのは八王子「めじろ台教会」)、曲を作るようになってからは(中学生時代から作曲を開始)、中央本線の車内が構想の場所だったのです(千代田区にある共立女子短大に中央本線で通学)。

共立女子短大在学中にオーディションを受け、CBS・ソニーレコード(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)でデビュー。
ジャケットの撮影は、吉祥寺のジャズクラブ「SOMETIME」(サムタイム/昭和50年創業、「ジャズの街」吉祥寺の原点)ということで、やはり中央本線沿線です。

名プロデューサー・酒井政利が『異邦人』に改題

久保田早紀『異邦人』
『白い朝』の舞台のひとつ、JR国立駅前、大学通り

『異邦人』という曲名は、当時CBS・ソニーレコードの音楽プロデューサーとして活躍していた酒井政利(さかいまさとし)の命名。
南沙織、フォーリーブス、キャンディーズ、山口百恵などを世に出した名プロデューサーは、昭和53年11月21日発売、山口百恵の『いい日旅立ち』(国鉄のキャンペーン曲)、さらに昭和54年2月25日リリースのジュディ・オング『エーゲ海のテーマ〜魅せられて』のヒットを背景に、『白い朝』(原題)も、『異邦人 -シルクロードのテーマ-』に変更、歌詞もシルクロードの雰囲気に手直しを要求したのです。

そして民族楽器のダルシマー(サントゥール)の使用、羽田健太郎(中島みゆき『時代』、山口百恵『秋桜』、小坂明子『あなた』などのピアノを担当)がピアノを弾くという歌謡曲黄金時代ならではの内容で、レコーディング。

リリース直後の昭和54年10月14日からは『異邦人 -シルクロードのテーマ-』を使った三洋電機のテレビCMの放送が流れ、中央本線の車中で誕生した『異邦人 -シルクロードのテーマ-』は一躍有名になったのです。

久保田早紀は、松任谷由実や矢野顕子に憧れて作詞作曲したということなので、昭和51年11月20日にリリースの『中央フリーウェイ』(東京都府中市を走る中央高速道路が舞台)なども頭の中にはあったことでしょう。

国立駅の駅舎は往時とは変わっていますが、大学通りが続く国立駅南口には旧国立駅舎が保存されていて、『白い朝』時代の雰囲気を今に伝えています。

旧国立駅舎
旧国立駅舎
久保田早紀の『異邦人』の舞台、実は東京都国立市だった!?
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧国立駅舎

旧国立駅舎

東京都国立市(くにたちし)、JR中央本線国立駅の駅前南側ロータリーに面して建つのが旧国立駅舎。大正15年、国立駅舎として建築された洋館風の駅舎で、平成18年、新しい駅舎の完成で解体された後、令和2年に旧来の駅舎とほぼ同じ場所に創建当時の姿で

国立駅南口駅前広場

国立駅南口駅前広場

東京都国立市(くにたちし)、JR中央本線国立駅の駅前南側ロータリーに整備されたのが、国立駅南口駅前広場。国立駅南口は、駅前広場のロータリー(円形公園)を中心に南に大学通り、西に富士山の見える富士見通り、東に朝日の見える旭通りが伸びています。

中央フリーウェイ

松任谷由実の『中央フリーウェイ』で歌われた場所は、東京都府中市に!

昭和51年11月20日に東芝EMIからリリースされた荒井由実(松任谷由実)4枚目のオリジナルアルバム『14番目の月』に収録された曲が、『中央フリーウェイ』。フリーウェイ(freeway)は高速道路の意で、まさに中央自動車道のこと。歌詞から、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ