化野念仏寺

化野念仏寺

かつての埋葬地、京都・化野(あだしの)に建てられた浄土宗の寺、化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)。空海が五智山如来寺を建てた後、野ざらしの遺骨を埋葬したのが起源という古刹です。後に法然が念仏道場として再建し、化野念仏寺と改められました。境内には8000体もの石仏、石塔が祀られ、幽玄な雰囲気。

8000体もの石仏、石塔が並ぶ

化野念仏寺

化野は、東の鳥辺野(とりべの)、北の蓮台野(れんだいの)と並ぶ平安京誕生以来の京の埋葬地(京都の三大墳墓地)。
平安時代の京では亡骸(なきがら)は洛外へ運び、野ざらしにし風葬(遺体を埋葬せずに風にさらし風化を待つ)を行なっていました。

「あだし」とは、古語で「はかない」、「変わりやすい」(無常)の意。
野ざらしだった遺骸を、疫病の発生を抑えるために土葬し、1000体の石仏と堂を建てたのが空海だと伝えられています。
念仏寺境内の約8000もの石仏石塔は、化野一帯に葬られた人々の墓なのです。
おびただしいその石仏群は、世の無常を示す吉田兼好の随筆『徒然草』(つれづれぐさ/枕草子、方丈記とともに日本三大随筆のひとつ)にも「あだし野の露消ゆるときなく、鳥部山の煙立ち去らでのみ、住み果つるならひならば、いかにもののあはれもなからん。世は定めなきこそいみじけれ」と描かれています(化野を例に取り、この世は無常だからこそ素晴らしいと記しています)。

毎年8月23日、24日の地蔵盆(毎月24日は地蔵菩薩の縁日で8月24日が地蔵盆)には、無縁仏にろうそくの灯を供える『千灯供養』が行なわれています。
この行事は明治時代から行なわれるもので、多くの参詣者で賑わいます。

名称 化野念仏寺/あだしのねんぶつじ
所在地 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
関連HP 化野念仏寺公式ホームページ
電車・バスで JR京都駅から京都バスで48分、鳥居本下車、徒歩4分
駐車場 なし
問い合わせ TEL:075-861-2221/FAX:075-881-9800
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ