鳳鳴四十八滝

鳳鳴四十八滝

宮城県仙台市青葉区、仙台市内から山形県に抜ける国道48号(作並街道)沿いを流れる広瀬川の瀑布群が鳳鳴四十八滝(ほうめいしじゅうはちたき)。滝から響く美しい水音が伝説の鳥・鳳凰(ほうおう)の鳴き声のようというのがその名の由来で、滝の背後には鎌倉山が聳えています。

国道48号沿いの駐車場から徒歩3分で観瀑台

滝の由来には、もうひとつの説があり、滝の流れ落ちる音が雅楽用の管楽器・笙(しょう)の奏でる音に似ているという説もあり、こちらの方が信憑性があります。
なぜなら、雅楽(ががく)で用いられる笙は、その形を翼を立てて休む鳳凰に似ることから、鳳笙(ほうしょう)とも呼ばれるからです。

仙台市街からから国道48号で作並温泉に向かう途中にあり、駐車場から展望台までわずか3分の距離ですが、あまり訪れる人がいない、穴場的な存在です。

地質的には、800万年前~600万年前に活動した白沢カルデラの縁にあたり、滝の周辺では玄武岩の貫入岩体が観察できます。
鎌倉山は、安山岩の山で、角度によってはゴリラの横顔に見えるため、ゴリラ山とも呼ばれています。

少し上流側にはニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所もあるので、合わせて見学を。

鳳鳴四十八滝
名称 鳳鳴四十八滝/ほうめいしじゅうはちたき
所在地 宮城県仙台市青葉区作並棒目木
関連HP 仙台市公式ホームページ
電車・バスで JR作並駅から市営バスで3分、鳳鳴四十八滝入口下車、徒歩14分
ドライブで 東北自動車道仙台宮城ICから約16km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 作並温泉案内所 TEL:022-395-2052
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所

ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所

宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地にある、ニッカウヰスキーのウイスキー蒸溜所が、ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所。昭和44年に第2蒸留所として建設された蒸溜所で、緑豊かな自然景観を生かした工場内には、蒸溜棟や赤レンガの貯蔵庫が建ち並び、ヨー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ