みちのく五大雪まつりとは!?

みちのく五大雪まつり

「みちのく五大雪まつり」とは、青森県八戸市の「八戸えんぶり」、青森県弘前市の「弘前城雪燈籠まつり」、岩手県雫石町の「いわて雪まつり」、秋田県男鹿市の「なまはげ柴灯まつり」、秋田県横手市の「かまくら(横手の雪まつり)」と北東北の冬を代表する5つの雪を楽しむイベントのこと。

「みちのく」とは、律令時代の陸奥国(みちのおくのくに)のことで、厳密にいえば出羽国(現・山形県)を除いた東北。
「みちのく五大雪まつり」は、北東北で行なわれる5つの雪まつりの総称。
南東北の山形県、福島県を除く、青森県、岩手県、秋田県の3県で2月に行なわれるビッグイベントです。

八戸えんぶり/青森県八戸市

えんぶりは、田をならす農具「えぶり」、「いぶり」(ゆすぶり)に由来する言葉で、八戸地方を代表する春を呼ぶ豊年祈願の行事。
太夫(たゆう)と呼ばれる舞手が馬の頭を象った華やかな烏帽子を被り、頭を大きく振る独特の舞が大きな特徴です。

八戸えんぶり

八戸えんぶり|2019|八戸市

2019年1月22日

弘前城雪燈籠まつり/青森県弘前市

弘前公園内の北の郭に市民や団体が製作した、約150基の武者絵をはめ込んだ雪燈籠が並ぶ。

弘前城雪燈籠まつり

第43回弘前城雪燈籠まつり|2019|弘前市

2019年1月27日

いわて雪まつり/岩手県雫石町

岩手高原スノーパーク(雫石町)をメイン会場に、雪像、屋台村、ステージショー、花火などが行なわれるビッグイベント。

いわて雪まつり

第52回いわて雪まつり|2019|雫石町・盛岡市・滝沢市

2019年1月19日

なまはげ柴灯まつり/秋田県男鹿市

真山神社(しんざんじんじゃ)で行なわれる、大晦日に行なわれる民俗行事「男鹿のナマハゲ」と1月3日の神事「柴灯祭」(せどまつり)を組み合わせた冬の観光イベント。

なまはげ柴灯まつり

第56回なまはげ柴灯まつり|2019|男鹿市

2019年1月23日

かまくら(横手の雪まつり)/秋田県横手市

冬に横手に行けばいつでも「かまくら」があると思ったら大間違い。
実は「かまくら」は、水神様を祀る小正月の行事で、毎年2月15日〜2月16日の『横手の雪まつり』期間中なら、「かまくら」を眺め、中に入ることができるのです。

かまくら(横手の雪まつり)

かまくら(横手の雪まつり)|横手市

2019年1月24日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ