第56回なまはげ柴灯まつり|2019|男鹿市

なまはげ柴灯まつり

2019年2月8日(金)~2月10日(日)、秋田県男鹿市で『第56回なまはげ柴灯まつり』が行なわれる。男鹿市北浦の真山神社(しんざんじんじゃ)で行なわれるこの行事、国の重要無形民俗文化財に指定され大晦日に行なわれる民俗行事「男鹿のナマハゲ」と1月3日の神事「柴灯祭」(せどまつり)を組み合わせた冬の観光イベント。

『なまはげ下山』がハイライトシーン

まはげ柴灯まつり
まはげ柴灯まつり

なまはげと柴灯祭が同時に楽しめる贅沢な行事で、毎年2月第2金・土・日曜に真山神社で行なわれています。
鎮釜祭・湯の舞から始まり、なまはげ入魂、行事再現、太鼓や踊り、下山・献餅に至るまで、なまはげを堪能することができます。

3日間ともほぼ同じスケジュールで、18:00には広場入口で大釜に湯を沸かし神官が呪文を唱えながら「わらボウキ」で湯をかき回す湯立て神事『湯の舞・鎮釜祭』が行なわれ、その後18:20に参道入口で『なまはげ入魂』(若者達が面を宮司から授かり、なまはげと化す行事)、18:35〜神楽殿で大晦日に行なわれる民俗行事「男鹿のナマハゲ」の再現、18:55〜会場になまはげが乱入し境内を暴れ回る『里のなまはげ乱入』となります。
さらに19:05~神楽殿で『なまはげ太鼓』、『なまはげ踊り』と続き、19:25~松明(たいまつ)をかざしたなまはげが法螺貝(ほらがい)を合図に真山から下る『なまはげ柴灯まつり』のハイライトシーン『なまはげ下山』を迎えます。
19:50~参道で、神に献ずる護摩餅(ごまもち)を神の使者なまはげに進ずる儀式『献餅』(けんぺい)も行なわれます。
神官の捧げる柴灯火で焼かれた大餅には神力が宿り、なまはげは触れることができません。
ようやく護摩餅を手にしたなまはげは、神の元へ帰って行くのです。

20:00~市内各地区の特色あるなまはげが神楽殿・広場に乱入する『里のなまはげ乱入』。
神楽殿前では『護摩餅配り・記念撮影会』も行なわれます。
柴灯火で焼いた大餅を切り分け、なまはげが配る護摩餅は、災難除去の御護符(おごふ)としてご利益があるとのこと。

「男鹿のナマハゲ」、能登のアマメハギ(石川県輪島市・能登町)、甑島のトシドン(鹿児島県薩摩川内市)など全国の来訪神行事10件が「来訪神:仮面・仮装の神々」としてユネスコ無形文化遺産に登録されています。

まはげ柴灯まつり

第56回なまはげ柴灯まつり|2019|男鹿市 DATA

第56回なまはげ柴灯まつり|2019|男鹿市
開催日 2019年2月8日(金)~2月10日(日)
公式HP なまはげ柴灯まつり公式ホームページ
所在地 秋田市男鹿市北浦真山
場所 なまはげ館
電車・バスで JR秋田駅から臨時有料バスで約2時間
ドライブで 秋田自動車道昭和男鹿半島ICから約32km
駐車場 なまはげ館大駐車場、なまはげオートキャンプ場、男鹿温泉結いの宿別邸つばき駐車場など
問い合わせ なまはげ柴灯まつり実行委員会(男鹿市観光課) TEL:0185-24-9220
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

画像協力/男鹿なび

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ