氏家雛めぐり|2019年|さくら市

氏家雛めぐり

2019年2月2日(土)~3月3日(日)、栃木県さくら市で『氏家雛めぐり』(うじいえひなめぐり)を開催。商店街の店先や個人宅にひな人形を飾る『氏家雛めぐり』。歴史ある氏家の街並みをもっと知ってもらい、街の中ににぎわいを取り戻そうと始まったイベントで、2019年で16回目を迎えます。

街道と鬼怒川の舟運で発展した氏家の歴史を雛人形が伝える!

氏家雛めぐり

奥州街道の宿場町として発展した氏家は、鬼怒川水運の阿久津河岸(あくつかし=阿久津大橋の上流に船玉神社があり往時の常夜灯が残されています)の舟運の町としても発展(鬼怒川水運の遡航終点で、奥州街道の鬼怒川渡河点)。
奥州街道・会津西街道・原街道・会津中街道の4つの街道から集まる物資は氏家へ集まり、小鵜飼船(こうかいせん)という小型舟を使い、久保田河岸(現茨城県結城市)へ荷や人を運び、300~400石積みの高瀬船に載せ替えて江戸へと送られたのです。

上町交差点は会津街道と奥州街道の追分(分岐)。
ひな人形の展示場所はJR氏家駅前、さくら市役所周辺の商店、施設、個人宅などお飾り処、約70ヶ所。
雛人形のお飾り処には、目印の赤いのぼり旗が立っています。

2月3日(日)と2月17日(日)には「投扇興」、 2月11日(月・祝)と2月25日には「貝合わせ」も行なわれます。

「氏家雛めぐり おみやげ館」では氏家雛めぐりでしか買えない限定のお土産を用意。
期間中、雛めぐりに参加しているお飾り処のうち7ヶ所に幸運を呼ぶ七色の大きな「さるぼぼ」が展示されています。
展示場所の番号を書いて応募箱へ入れると抽選で賞品が当たる『七福さるぼぼ探し』も実施。

JR東日本千葉支社は、快速「氏家雛めぐり号」を運転。
運転日は、2019年2月2日(土)。
運転区間は、海浜幕張(8:00発)~氏家(10:38着)、氏家(14:30発)~海浜幕張(17:12着)の1往復。E257系5両編成で運転(一部指定席)。
 

氏家雛めぐり|2019年|さくら市 DATA

氏家雛めぐり|2019年|さくら市
開催日 2019年2月2日(土)~3月3日(日)
関連HP 氏家雛めぐり公式ホームページ
所在地 栃木県さくら市氏家
場所 JR氏家駅・氏家地区商店街・周辺の個人宅
電車・バスで JR宇都宮線氏家駅下車
ドライブで 東北自動車道宇都宮ICから約15km
駐車場 あり
問い合わせ 氏家雛めぐり実行委員会事務局 TEL:028-681-5757
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ