真山神社

真山神社

秋田県男鹿市、男鹿半島南部の本山や東部の寒風山と同様に、古くから山岳信仰の霊場として栄えた地に建つ神社が真山神社(しんざんじんじゃ)。明治初年の神仏分離、廃仏毀釈や、修験道の廃止令で赤神山光飯寺が廃寺となり、真山神社に。なまはげゆかりの社としても有名です。

なまはげは、神の使者「神鬼」の化身!

社伝によれば、景行天皇の御代、武内宿禰(たけしうちのすくね=記紀に記載される伝説上の人物ですが、景行天皇とともに実在性には疑問符も)が貞観年間(859年〜877年)、円仁(慈覚大師)が涌出山(わきいでやま、現在の男鹿真山・男鹿本山)を二分し、北を真山、南は本山とし、修験道とともに天台密教の赤山大明神(泰山府君・たいざんふくん/唐の赤山にあった道教の神・泰山府君を勧請して現在の赤山禅院を創建)と習合。
南北朝時代には真言宗に転じ、さらに藩政時代には秋田藩主・佐竹氏の祈願所となりました。

神仏習合の平安時代末期、長治年間(1104年〜1106年)から執り行なわれる『柴灯祭』(せどまつり)は、正月3日境内に柴灯を焚き上げ、この火で炙った大餅をお山の神に献ずる儀式ですが、餅を受けとるためにお山から下山する神の使者「神鬼」の化身がなまはげ。
2月第2金・土・日曜には、男鹿市の行事として、真山神社を会場に『なまはげ柴灯まつり』が執り行なわれています。

真山神社の山門が仁王像を祀る仁王門なのは神仏習合時代の名残り。

同じ男鹿市にある赤神神社五社堂は、円仁(慈覚大師)が赤神山日積寺永禅院として堂宇を整えたと伝えられ、明治初年の神仏分離、廃仏毀釈で赤神神社となったもの。
赤神明神は、京都・赤山禅院の泰山府君(赤神大明神)と同じ。

真山神社
名称 真山神社/しんざんじんじゃ
所在地 秋田県男鹿市北浦真山水喰沢97
関連HP 真山神社公式ホームページ
ドライブで 秋田自動車道昭和男鹿半島ICから約33km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 真山神社社務所 TEL:0185 -33-3033/FAX:0185-33-2468
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
赤山禅院

赤山禅院

修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)にほど近い天台宗の寺で、比叡山延暦寺の別院が赤山禅院(せきざんぜんいん)。円仁(えんにん=慈覚大師)の遺命により仁和4年(888年)、天台座主・安慧(あんね)が創建。京都御所から見て表鬼門の方角(東北)にあ

なまはげ柴灯まつり

第57回なまはげ柴灯まつり|男鹿市|2020

2020年2月7日(金)~2月9日(日)、秋田県男鹿市で『第57回なまはげ柴灯まつり』が行なわれます。男鹿市北浦の真山神社(しんざんじんじゃ)で行なわれるこの行事、国の重要無形民俗文化財に指定され大晦日に行なわれる民俗行事「男鹿のナマハゲ」

男鹿真山伝承館

男鹿真山伝承館

秋田県男鹿市、なまはげ館に隣接して建つのが男鹿真山伝承館。男鹿地方の典型的な曲家を再生し、男鹿半島で大晦日に行なわれる民俗行事である真山地区のなまはげ習俗を体験することができる施設です。「ナマケモノはいないか!」と、荒荒しい奇声を上げ畳を強

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ