六甲山天覧台

六甲山の大阪湾沿いを走るサンライズドライブウェイの途中、はたまた六甲ケーブルの山上駅に隣接する展望台が六甲山天覧台(六甲山上展望台)。昭和57年に昭和天皇がここからの夜景を堪能されたことがその名の由来。遠く和歌山から大阪市街、さらには淡路島、明石海峡、そして眼下の神戸とまさに大パノラマを得ることができます。

六甲ケーブルの六甲山上駅降りてすぐにある展望台

六甲ケーブルは昭和7年に山麓と六甲山を結ぶ足として阪神電鉄が建設した老舗のケーブルカー。
六甲山の山頂は標高931m。
山上駅の標高は737.5mで、山頂には標高ははるかに及ばないものの、台地上になった山頂の大阪湾側の崖の上にあるため、その眺望には迫力があります。
展覧台には夜景を眺める「TENRAN CAFE」も営業。

ちなみに六甲山は100万年前から隆起を続ける山塊で、山頂が平坦なのは、昔、準平原であったものが隆起したから。

六甲山天覧台 DATA

名称 六甲山天覧台/ろっこうさんてんらんだい
所在地 神戸市灘区六甲山町一ヶ谷1-32
関連HP 神戸観光公式ホームページ
電車・バスで 阪急六甲駅から神戸市バス六甲ケーブル行きで15分、終点下車で六甲ケーブル下駅、六甲ケーブル利用
ドライブで 阪神高速道路神戸線魚崎ランプから約13km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 神戸国際観光コンベンション協会 TEL:078-303-1188 /FAX:078-302-2946
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

六甲ケーブル

2017年11月30日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ