原尻の滝

大野川水系の支流・緒方川、緒方平野の田園地帯にある滝が原尻の滝。幅120m、落差20mの馬蹄型の弓状の名瀑で、阿蘇山大爆発で流れた溶岩の台地が削られたものとか。その姿は「東洋のナイアガラ」とも称され、「日本の滝百選」、「おおいた豊後大野ジオパーク」のジオサイトにも選ばれています。

「東洋のナイアガラ」とも称される名瀑

滝の前には木造の吊り橋「滝見橋」、上流には増水時には水没する「沈下橋」が架かり、滝壺近くまで降りて行くこともできるので、河原側から滝を間近で観賞可能。
滝の上部の岩棚では柱状節理を横から眺め、甌穴(おうけつ=ポットホール)も観察することができます。

また左岸は「道の駅原尻の滝」から遊歩道も整備され、多くの人が立ち寄る人気の納涼スポット。
滝の上流には緒方川を渡るための5連のアーチ式石橋の「原尻橋」(大正12年架橋)が架かっているので、時間が許せば見学を。

緒方平野ではイベント開催も多彩で、4月上旬〜中旬には、水田に100種類53万本のチューリップが咲き誇る『チューリップフェスタ』、8月のお盆には1万3000本の灯火がゆらめく『小松明火祭り』(こだいひまつり)、11月末には裸の男衆に担がれた神輿が川を渡る『緒方三社川越し祭り』と、伝統行事も今に伝わっています。

阿蘇山爆発の超巨大火砕流の痕跡
阿蘇火砕流堆積物は、豊後大野市の半分を覆っており、大野川水系には、阿蘇-4強溶結凝灰岩、阿蘇-3火砕流堆積物の断崖が形成されています。
阿蘇-4強溶結凝灰岩は原尻の滝のような切り立つ断崖を生んでいます。
つまり、断崖に懸かる原尻の滝は、超巨大火砕流の痕跡というわけなのです。


 

原尻の滝 DATA

名称 原尻の滝/はらじりのたき
所在地 大分県豊後大野市緒方町原尻
関連HP 豊後大野市
道の駅原尻の滝
電車・バスで JR緒方駅からタクシーで5分
ドライブで 大分自動車道大分米良ICから約45.3km(1時間2分)
駐車場 100台/無料
問い合わせ 豊後大野市商工観光課TEL:0974-22-1001
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ