滞迫峡

滞迫峡

大分県豊後大野市緒方町を流れる奧岳川の峡谷が滞迫峡(たいざこきょう)。豊後大野市は、9万年前の阿蘇火山の4回目の巨大噴火による火砕流が冷えて固まった溶結凝灰岩の台地ですが、その台地を奧岳川が浸食して形成した高さは70mに及ぶ溶結凝灰岩の絶壁。おおいた豊後大野ジオパークのジオサイトになっています。

阿蘇カルデラ起源の溶結凝灰岩が浸食された峡谷

滞迫峡
見事なまでの柱状摂理が発達

溶結凝灰岩の絶壁には柱状節理が発達し、迫力ある景観を生み出し、谷底には祖母山火山岩類(1500万年前の火山活動)の凝灰角礫岩が露出しています。
溶結凝灰岩の壁は、縦長に柱状のひび割れが入っているため、気の遠くなるような長い歳月をかけて柱が倒れるように壊れ、垂直に切り立った崖を生んだのです。

奥岳川に架かる奥嶽橋から峡谷を眺望できるほか(路側に歩道はありません)、大分県道7号(緒方高千穂線)から川岸に下った駐車場から谷床に降りる階段も整備されています。

両岸が迫った峡谷は、やはり阿蘇カルデラ起源の溶結凝灰岩が浸食された高千穂峡(宮崎県高千穂町)とよく似ていますが、まだまだ滞迫峡は、穴場的な存在。
祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク(祖母・傾・大崩生物圏保存地域/ユネスコエコパーク=生態系の保全と持続可能な利活用の調和・自然と人間社会の共生が目的の生物圏保存地域)の見どころのひとつになっています。

周辺には、溶結凝灰岩の台地が形成するダイナミックな景観が多数あるので、ぜひ周回することをおすすめ。

大野川と奥岳川の合流点にそびえる絶壁(崖の下半分は阿蘇火山の3回目の巨大噴火の火砕流、上半分が4回目の巨大噴火による火砕流)をJR豊肥本線のトンネルが抜ける鉄道撮影の人気ポイント「岩戸の景観」、「東洋のナイアガラ」と呼ばれる原尻の滝、そして沈堕の滝(ちんだのたき)が豊後大野ジオパークのジオサイトになっています。

また、奥岳川に架かる2つの石造アーチ橋(かつての森林鉄道の橋)の轟橋・出会橋の周囲にも柱状節理が発達しています。

滞迫峡
名称 滞迫峡/たいざこきょう
所在地 大分県豊後大野市緒方町滞迫
電車・バスで JR緒方駅からタクシーで20分
ドライブで 東九州自動車道大分ICから約54km
駐車場 あり
問い合わせ ぶんご大野里の旅公社 TEL:0974-27-4215
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
カフェパラム

カフェパラム

大分県豊後大野市清川町、九州でも屈指の清流として知られる奥岳川のほとりにあるユニークな店がカフェパラム。オーナーの小野光治さんこだわりのピザや韓国家庭料理が味わえるほか、手作りのサウナ「Tuuli Tuuli」(トゥーリトゥーリ/フィンラン

里の旅リゾート ロッジきよかわ

里の旅リゾート ロッジきよかわ

大分県豊後大野市清川町、九州屈指の清流、奥岳川の畔にある宿泊施設が、里の旅リゾート ロッジきよかわ。ログハウス、キャビンハウス、ドミトリー、ツリー型ハウスの4タイプの宿泊施設、サウナを併設するほか、「パックラフト」(ラフティング用ボート)な

岩戸の景観

岩戸の景観

大分県豊後大野市、JR豊肥本線の豊後清川駅と三重町駅間、大野川の本流と奥岳川が合流する場所に、高さ50m、長さ500mにわたる大絶壁がありますが、これが岩戸(いわど)。豊肥本線は川を百枝鉄橋(岩戸鉄橋)で渡りますが、ダイナミックな景観は、岩

原尻の滝

大野川水系の支流・緒方川、緒方平野の田園地帯にある滝が原尻の滝。幅120m、落差20mの馬蹄型の弓状の名瀑で、阿蘇山大爆発で流れた溶岩の台地が削られたものとか。その姿は「東洋のナイアガラ」とも称され、「日本の滝百選」、「おおいた豊後大野ジオ

沈堕の滝

沈堕の滝

大分県豊後大野市を流れる大野川と支流の平井川に懸かる沈堕の滝(ちんだのたき)は、「豊後のナイアガラ」とも呼ばれる不思議な滝で、国の登録記念物。大野川本流の雄滝は、落差17m、幅93mの巨瀑で、まさにミニナイアガラのよう。地質的には柱状及び

轟橋・出会橋

轟橋・出会橋

大分県豊後大野市清川町、奥嶽川に架かる2つの石造アーチ橋が、轟橋(とどろばし)と出会橋(出會橋)。橋脚の両端を結ぶスパン(径間)では、アーチ式石造橋として全国1位(轟橋)と2位(出会橋)を誇っています。2連アーチの轟橋の径間は、32.102

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ