東洋のナイアガラで日本の滝百選? なるほど「原尻の滝」は凄いぞ!

東洋のナイアガラ

大分空港から車で2時間。大分県豊後大野市にある原尻の滝は「東洋のナイアガラ」と呼ばれ、おおいた豊後大野ジオパーク認定で、「大分県百景」。その上、日本の滝百選というのだから、百の二乗で壱万に値するのでしょうか? 百聞は一見にしかず! そのスケールと周辺の見どころ、食べどころを深堀りしてみました。

様々な角度から眺めてみよう「原尻の滝」

東洋のナイアガラ
「滝見橋」真ん中から東洋のナイアガラを俯瞰

注目の「東洋のナイアガラ」といわれる原尻の滝、いく筋にも轟音を立てて流れ出す滝の全容は、少し下流側に架かる吊橋「滝見橋」の真ん中からの俯瞰が良いでしょう。

そして、滝壺近くまで降り立つこともできますから、濡れることなど気にしないで。思い切り行けるところまで行ってみましょう。
その迫力と爽快感はそこに立たなければ体験できない異次元。探検隊の隊長になった気分!真夏なら滝壺にザブンと飛び込みたくなる爽快感も満点。
人工物では味わえない地球の鼓動をドーンと感じる空間です。

東洋のナイアガラ
吊橋「滝見橋」がコレ、かなりスリルがあり、爽快!
東洋のナイアガラ
滝壺近くは迫力満点

凄い迫力なのにどこか「のほほん」としているナイアガラ

滝の上には広々とした沈下橋(ちんかばし=洪水時には橋面が水面下になる橋、高知県の四万十川が有名)が掛かっていて、農家の軽トラが走っているし、観光客ものんきに歩いています。
沈下橋ですから柵がないので、流れ落ちる滝の先端近くまで行くこともできます。

誰にでも迫力の写真や動画が撮影できるという訳ですが、滝壺側と同様に無理は禁物!
節度ある行動をお勧めします。

東洋のナイアガラ
ちょっぴりのんきな感じの幅広な沈下橋が滝上に(左側がすぐ、滝の落口です)

取材(執筆・撮影)/板倉あつし
取材協力/公益社団法人ツーリズムおおいた

原尻の滝
名称 原尻の滝/はらじりのたき
所在地 大分県豊後大野市緒方町原尻
関連HP 豊後大野市公式ホームページ
電車・バスで JR緒方駅からタクシーで5分
ドライブで 大分自動車道大分米良ICから約45km
駐車場 20台/無料、道の駅原尻の滝駐車場(100台/無料)
問い合わせ 豊後大野市商工観光課 TEL:0974-22-1001
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
道の駅原尻の滝

道の駅の食堂と侮るなかれ! 郷土料理が充実|道の駅原尻の滝

名瀑、原尻の滝を見晴らす道の駅原尻の滝の食堂「白滝」で数々の郷土料理に遭遇しました。大分県産地元食材にこだわった、料理の歴史や文化、調理法に栄養素を深堀りすると、先人達の叡智が集結しているではありませんか! 味覚で大分を知り尽くす、 コレも

原尻の滝

大野川水系の支流・緒方川、緒方平野の田園地帯にある滝が原尻の滝。幅120m、落差20mの馬蹄型の弓状の名瀑で、阿蘇山大爆発で流れた溶岩の台地が削られたものとか。その姿は「東洋のナイアガラ」とも称され、「日本の滝百選」、「おおいた豊後大野ジオ

道の駅原尻の滝

道の駅原尻の滝

「美しい日本のむら景観百選(農村景観百選)」にも選定された、大分県豊後大野市緒方町。緒方平野を潤して岡藩内随一の良田を生み出した緒方水路のひとつ、緒方下井路が脇を流れ、花水車やウォーキングコース、親水広場も整備されているのが、道の駅原尻の滝

緒方井路

緒方井路

大分県豊後大野市緒方町にある江戸時代(正保年間)に開削された農業用水路が緒方井路(おがたいろ)。緒方平野を潤して、「緒方五千石」と称された岡藩内随一の良田を生み出した水路で、花水車も設置されています。農林水産省の「疎水百選」、「美しい日本の

日本のナイアガラ 15瀑

日本のナイアガラ 15瀑

本場のナイアガラの滝が有名なせいか、日本のナイアガラ、東洋のナイアガラなどと通称される滝は、なんと全国に15瀑もあります。ナイアガラの滝にスケールははるかに及ばないものの、岩質の軟らかい部分が削られて硬い部分が残る差別侵食という成因は同じも

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

板倉あつし

日本旅のペンクラブ理事、ラジオ・テレビレジャー記者会会員。過去には『夕刊フジ』に毎週、温泉と食を連載。旅、食と温泉、音楽、車などの乗り物、自然と環境などに精通。年間の取材日数は150日。足繁く取材して、鮮度のいい情報を発信、様々な角度から素材を掘り起こします。 また独自のネットワークを活用してコラボレーションを図ります。テレビ『いきなり黄金伝説』にも多数出演。 (日本温泉地学学会会員・温泉ソムリエマスター・温泉観光士)

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ