別府の甘党御用達! インスタ映え必至の店は、週一でバーに|コトリカフェ

コトリカフェ

JR別府駅から徒歩9分、大人気のインスタ映えカフェ「コトリカフェ」は、別府の温泉と街に魅せられて移住した八木みちるさんが、平成24年に起業した軽バンを利用した移動式カフェが始まり。「小鳥が森で羽を休めるように、ゆっくり寛いでほしいから、長居大歓迎です」。

ドイツ生まれでアメリカ育ちの「ダッチベイベー」も

コトリカフェ
「ごはんダッチベイベー」はお酒のつまみにも
コトリカフェ
可愛いフォトブックのメニュー 、「SNS投稿大歓迎です」

平成29年には古い店舗を借り受け、友人たちの協力で手作りした、白いエクステリアと可愛らしいピンクのインテリアで現在の店舗をオープン。
店内ガレージには、創業時の軽バンも大切に置かれ、テラス席(ガレージカフェ)までならペット同伴もOKです。

ドイツ生まれでアメリカ育ちの「ダッチベイベー」(Dutch Baby=鉄製のフライパンを使ってオーブンで焼き上げるドイツ風のパンケーキ)は、シュークリームの生地のような焼き上がりのパンケーキに、果物・シュガーバター・メープルシロップやはちみつ、チョコレートなどをかけて、生クリームとバニラアイスをのせる強甘スイーツ。
フルーツが沢山盛り込まれたダッチベイベー「フルーツ盛りもり」(TOPの画像、ペット同伴のテラス席で撮影)なんてラインナップもあります。

ほかにも様々なパフェ類、フルーツやアイスを盛り込む「ワッフルボウル」や、甘い甘い自家製ジンジャエール、クリームソーダなど、甘党も大喜びですが、左党でもベーコンやポーチドエッグをのせた「ごはんダッチベイベー」やビールがあるから大丈夫です。

メニューに「インスタ投稿大歓迎!#コトリカフェ #別府カフェで投稿を そして(ここから控えめに小さく表記)#店主美人 #店主かわいい とかつけてくれたら、喜びすぎて小躍りします」と書いてあるのを見つけて大笑いです。
最新の情報もインスタに掲載されているので、ぜひフォローを。

令和4年秋からは多くのファンのリクエストで、毎週火曜日夜だけ「ガレージ夜カフェ」をオープンしているので、徒歩15秒の源泉かけ流し、共同浴場「此花温泉」(このはなおんせん)で、ひと風呂浴びてから飲みに来るお客で大賑わいなのです。

コトリカフェ
クリームソーダもカラフル(我が家の愛犬「岳」を同伴して取材)
コトリカフェ
火曜の夜は「ガレージ夜カフェ」として営業
コトリカフェ
名称 コトリカフェ/ことりかふぇ
所在地 大分県別府市光町6-14
電車・バスで JR別府駅から徒歩10分
ドライブで 東九州自動車道別府ICから約6km
問い合わせ コトリカフェ TEL:080-4652-9428
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
野田商店

別府市民のソウルフード「巻きずし」は、売り切れ必至|野田商店

大分県別府市、別府駅高架下べっぷ駅市場の中にある、午前中から行列ができる「野田商店」は、1960年代創業の持ち帰り惣菜の専門店です。名物「巻きずし(太巻き)」は、「甘さ控えめ」なんていう昨今の風潮に迎合なんかしない、別府市民のソウルフード!

一力

大きな赤提灯が食欲をそそる別府のホルモン焼き老舗|一力

別府でホルモンと焼き肉なら駅前本町で創業から40余年、昭和の風情を色濃く残すホルモン焼肉「一力」(いちりき)がイチオシです。無煙ロースターなんて洒落た器具とは無縁のガスコンロで、自慢の「おおいた豊後牛」を焼きます。が、煙に巻かれるので、残念

レストラン東洋軒

パフォーマンスも楽しめる別府名物「とり天」発祥の店|レストラン東洋軒

大分県別府市、別府港にほど近い石垣東7丁目にある中国料理の名店「レストラン東洋軒」の創業は大正15年。天皇の料理番だったという初代当主・宮本四郎が開いた店で、以来、別府市民はもちろん、遠来のグルメをうならせています。そして、別府名物とり天発

ふくや食堂

別府で、開店と同時に満席になるおでん名店へ|ふくや食堂

大分県別府市で昭和23年創業という「ふくや食堂」はおでんの名店。JR別府駅から徒歩5分の北浜1丁目、やよい天狗通り商店街のシンボルでもある「やよい天狗」のすぐとなりと、交通至便です。20余種のおでんは、甘過ぎず辛過ぎず優しくコク深い味わいは

油屋熊八

大分に行こう!(3)別府の庶民派グルメのことならお任せあれ!

別府観光の父と呼ばれる、油屋熊八の言葉に「旅人を懇ろ(ねんごろ)にせよ」があります。これは旅人には親切にという戒(いまし)め。日本有数の観光地として発展してきた温泉観光地・別府の「ねんごろ」な伝統が今に生きる庶民派グルメを、取材班・板倉あつ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

板倉あつし

日本旅のペンクラブ理事、ラジオ・テレビレジャー記者会会員。過去には『夕刊フジ』に毎週、温泉と食を連載。旅、食と温泉、音楽、車などの乗り物、自然と環境などに精通。年間の取材日数は150日。足繁く取材して、鮮度のいい情報を発信、様々な角度から素材を掘り起こします。 また独自のネットワークを活用してコラボレーションを図ります。テレビ『いきなり黄金伝説』にも多数出演。 (日本温泉地学学会会員・温泉ソムリエマスター・温泉観光士)

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ