通船川・大山ポンプ場(工場夜景観賞スポット)

通船川・大山ポンプ場(工場夜景鑑賞スポット)

新潟県新潟市東区を横断する通船川。かつての阿賀野川の河道で、舟運に利用されたことから通船川と呼ばれています。その通船川を新潟県道4号(新潟港横越線)がまたぐ橋が鴎橋(かもめばし)で、鴎橋の西側、通船川の北岸沿いの歩道を歩いた大山ポンプ場横が、新潟市を代表する工場夜景観賞スポットになっています。

旭カーボンの工場夜景を観賞

通船川・大山ポンプ場(工場夜景鑑賞スポット)

工場夜景の対象となるのは、ブリヂストングループの旭カーボンの工場(タイヤなどに使われるカーボンブラックの製造)で、365日24時間体制で点検作業が行なわれるため、日没とともに点検通路の照明灯が点灯され、不夜城のように輝くのです。

新潟大山郵便局から南へと脇道を入った新潟市大山ポンプ場横の通船川の歩道がベストショットポイントになっています。
車の場合は、隣接するスーパーマーケット「チャレンジャー赤道店(フレスポ赤道)」での買い物とセットで夜景観賞を考えるプランがおすすめです。

夕日スポットの山の下みなとタワーからだと、徒歩30分の距離です。

名称 通船川・大山ポンプ場(工場夜景観賞スポット)/つうせんがわ・おおやまぽんぷじょう(こうじょうやけいかんしょうすぽっと)
所在地 新潟県新潟市東区3丁目
ドライブで 日本海東北自動車道新潟東スマートICから約5km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
山の下みなとタワー展望展示室

山の下みなとタワー

新潟県新潟市東区、信濃川河口部の川底を通る新潟みなとトンネルの両側にある換気塔が入船みなとタワー、山の下みなとタワー。高さ40.2mのトンネルの立坑(換気塔)の役割を担った山の下みなとタワーは6階、27.0m部分に展望展示室が設けられ、山の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ