鬼の足跡(牧崎公園)

鬼の足跡(牧崎公園)

長崎県壱岐市郷ノ浦町、壱岐島の西端部、渡良半島先端の牧崎公園にある海蝕洞が鬼の足跡。大鬼・デイが鯨をすくい捕るために踏ん張ってできた足跡だと伝えられる壱岐島屈指の景勝地で、もう片方の足跡は勝本から渡船で渡る辰ノ島の蛇ヶ谷にあります。牧崎公園には「微笑むゴリラ岩」もあります。

伝説の巨人・デイの足跡という伝承が

鬼の足跡(牧崎公園)

郷ノ浦港から車で20分足らずというアクセスも便利な牧崎公園。
天然芝が広がるのどかな岬の先端が、高さ30mほどの海食崖で、そこにあるのが奇観・鬼の足跡。
鬼の足跡は、直径53m、周囲110mの玄武岩海蝕洞で、壱岐島が火山島である証しにもなっています。

春分、秋分の日には、夕日が鬼の足跡の横穴から差し込む幻想的な景観を得ることが可能。
NPO法人日本洞穴探検協会の「日本百名洞」(洞穴探検歴40年以上の探検家らを中心とした21人が選定)にも選出されています。

大鬼・デイは、日本の各地で伝承される巨人・ダイダラボッチのことと推測できます。
でいだらぼっち、でいらんぼう、デイラボッチなど各地で呼称も異なっています。
壱岐の民話『大男デイ』に「大むかし、デイという大男がいて、玄界灘に泳ぐ鯨を、ふんどしの前だれで、一度に3頭をすくった」といわれていますが、国境の島・壱岐の伝説の巨人・デイが全国へと伝わったという可能性もあります。

鬼の足跡(牧崎公園)
名称 鬼の足跡(牧崎公園)/おにのあしあと(まきさきこうえんない)
所在地 長崎県壱岐市郷ノ浦町渡良東触1796
関連HP 壱岐市観光連盟公式ホームページ
ドライブで 郷ノ浦港から約6.7km
駐車場 あり
問い合わせ 壱岐市観光課 TEL:0920-48-1130
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
微笑むゴリラ岩

微笑むゴリラ岩

長崎県壱岐市郷ノ浦町、壱岐島の西端部、渡良半島先端の牧崎公園の景勝地、鬼の足跡近くにある奇岩が、微笑むゴリラ岩。鬼の足跡の北側にある玄武岩の大岩で、巨大なゴリラの横顔のように見えることからその名があります。黒崎半島にある壱岐のシンボル、猿岩

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ