戒壇院

戒壇(かいだん)とは僧が守らなければならない規律で、戒を受けなければ正式に僧尼になることはできません。5度の渡航に失敗し盲目となりつつも戒壇を日本に伝えたのは唐僧・鑑真(がんじん)。天平勝宝5年(753年)12月20日に仏舎利を携え薩摩坊津に上陸。12月26日に太宰府を訪れ、この戒壇院の地(当時は観世音寺の境内地)で初の授戒を行なっています。

奈良東大寺、下野薬師寺とともに日本三戒壇院のひとつ

鑑真はその後、平城京へと移り、戒を授ける寺として754(天平勝宝6)年、奈良の東大寺に戒壇を設けています。

戒壇院は筑紫観世音寺の西戒壇院として、下野(栃木)の薬師寺の東戒壇院と同時に761(天平宝字5)年に創設された古刹。
本尊の琉紗那仏(るしゃなぶつ)は平安時代の作で国の重要文化財。

1703(元禄16)年に藩命により天台宗の観世音寺から離れ、臨済宗博多聖福寺の末寺となっています。

境内の北に茂る菩提樹は鑑真が唐から持参したものとの伝承が。
5月6日には『鑑真忌』も執り行なわれています(鑑真は天平宝字7年5月6日没)。
戒壇院のすぐ東隣には観世音寺があるほか、西400mに大宰府政庁跡があるなど、一帯はまほろばの里と呼ばれ、各スポットを結んで「太宰府歴史の散歩道」が通っています。

戒壇院 DATA

名称 戒壇院/かんだんいん
Kaidanin Temple
所在地 福岡県太宰府市観世音寺5-7-10
関連HP 戒壇院公式ホームページ
電車・バスで 西鉄太宰府線西鉄五条駅から徒歩10分
ドライブで 九州自動車道太宰府ICから約4.5km
駐車場 50台/無料
問い合わせ TEL:092-922-4559/FAX:092-922-4559
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ