前神寺(四国八十八ヶ所霊場第64番札所)

前神寺(四国八十八ヶ所霊場第64番札所)

愛媛県西条市洲之内にある真言宗石鈇派総本山の寺、前神寺(まえがみじ)。霊峰石鎚山の麓に建つ、石鎚信仰の根本道場で、四国八十八ヶ所霊場第64番札所。奈良時代、修験道の開祖・役小角(えんのおづぬ=役行者)により開かれ、桓武天皇の勅願寺として、歴代天皇に帰依された名刹。

石鎚信仰の根本道場として栄えた名刹

天武天皇(在位673年~686年)の御代に修験道の祖・役小角が石鎚山で修行した際、石鈇山大権現を感得したのが始まりという古刹。
石鎚山は、富士山、立山、白山の日本三霊山に、大峰山(奈良県)、釈迦ヶ岳(奈良県)、大山(鳥取県)、鎚山を加えた日本七霊山のひとつですが、その信仰の中心(根本道場)がこの前神寺です。

石鎚山の7合目標高1400m、現在の石鎚神社中宮成就社のある場所がもとの寺域で、石鎚山の別当寺として石鎚信仰の根本道場でしたが、明治の神仏分離、廃仏毀釈で廃寺となり、のちに現在地で再興されたもの。
桓武天皇の勅願所となり、金色院前神寺の名を賜り、その後、空海も入山して修行したという山岳信仰と仏教融合の霊地。
祀られる蔵王権現(ざおうごんげん)は、修験道の本尊(インドに起源を持たない日本独自の仏で、吉野山金峯山寺の蔵王権現は有名=役小角が吉野の金峯山で修行中に示現)。
文徳天皇、高倉天皇、後鳥羽天皇、順徳天皇、後醍醐天皇など多くの天皇が信仰し、伊予の領主となった福島正則も参籠するなど、山頂の弥山に鎮座する石鈇山蔵王権現(いしづちさんざおうごんげん)への信仰の中心的存在、遙拝所として栄えました。

現在の本尊は石鈇山大権現の本地仏である阿弥陀如来。

現在の前神寺が建つ場所は、江戸時代には塔頭・医王院があった地。
廃仏毀釈の荒波は山里にも及び、明治8年に廃寺となりますが、明治12年に檀家などにより復興願いが出され、前上寺(ぜんじょうじ)として復興。
明治22年になってようやく前神寺に戻されています。

毎年7月1日〜7月10日の夏の大祭「お山開き」には、大勢の白装束の信者が集合、法螺貝の音に「なんまいだ」を唱和し、険しい岩場に向かって出発しています。
毎月20日は、権現様縁日で、石鈇権現堂に安置の石鈇山蔵王権現三体が御開帳となります。

霊場間の距離・時間

63番札所・吉祥寺(愛媛県西条市氷見乙) — (3km/10分) — 64番札所・前神寺(愛媛県西条市洲之内甲) — (46km/1時間) — 65番札所・三角寺(愛媛県四国中央市金田町三角寺甲)

前神寺(四国八十八ヶ所霊場第64番札所)
名称 前神寺(四国八十八ヶ所霊場第64番札所)/まえがみじ
所在地 愛媛県西条市洲之内甲1426
関連HP 四国八十八ヶ所霊場会公式ホームページ
電車・バスで JR石鎚山駅から徒歩10分
ドライブで 松山自動車道いよ西条ICから約9km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 前神寺 TEL:0897-56-6995
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
吉祥寺(四国八十八ヶ所霊場第63番札所)

吉祥寺(四国八十八ヶ所霊場第63番札所)

愛媛県西条市にある真言宗東寺派の寺、吉祥寺(きちじょうじ)。弘仁年間(810~824)、空海開基と伝わる寺で、四国八十八ヶ所霊場第63番札所。かつては21坊を有する大寺でしたが、羽柴秀吉の四国平定の際に全焼、万治2年(1659年)、現在地に

三角寺(四国八十八ヶ所霊場第65番札所)

三角寺(四国八十八ヶ所霊場第65番札所)

愛媛県四国中央市、法皇山脈(ほうおうさんみゃく)北側の標高400mの台地に建つ真言宗高野派の古刹、三角寺(さんかくじ)。四国八十八ヶ所霊場第65番札所で、伊予国(愛媛県)の最後の札所、讃岐国(香川県)との関所寺にもなっています。開運厄除け、

横峰寺(四国八十八ヶ所霊場第60番札所)

横峰寺(四国八十八ヶ所霊場第60番札所)

愛媛県西条市、西日本最高峰・石鎚山中腹、標高750mのところにある真言宗御室派の寺、横峰寺(よこみねじ)。空海(弘法大師)自刻と伝わる大日如来像が本尊で、四国八十八ヶ所霊場第60番札所。神仏習合時代の石鎚山の西遥拝所。四国八十八ヶ所霊場のな

星ヶ森(横峰寺石鎚山遥拝所)

星ヶ森(横峰寺石鎚山遥拝所)

愛媛県西条市、西日本最高峰・石鎚山中腹にある四国八十八ヶ所霊場第60番札所・横峰寺は、四国遍路中、雲辺寺に次ぐ高所で、霊峰・石槌山の西の遥拝所。横峰寺の奥の院として機能するのが、国の名勝にもなっている星ヶ森(横峰寺石鎚山遥拝所)で、鉄の鳥居

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ