両子岩

両子岩

長崎県南島原市加津佐町の海岸部、国道251号沿いにある奇岩が、両子岩(ふたごいわ)。は、150万年前(第四紀)に火山活動があった国崎半島の火山に由来する土石流堆積物(国崎安山岩)が、波の浸食によって削られて誕生した人の頭のような形になった奇岩です。かつては2基あったことが名の由来ですが、現在は1基に。

島原半島の海岸にある人面岩

両子岩
国崎安山岩を大量に含んだ土石流堆積物

現在の島原半島は、早崎半島部分の海底火山の噴火、国崎半島部分での噴火(50万年以上前にいくつかの火山島が誕生)、50万年ほど以前に雲仙火山が活動を開始し、爆発的な噴火を繰り返して、40万年ほど前に、諫早とつながって島原半島が生まれています。

海底火山の噴火という早崎半島での火山活動が落ち着いた150万年前(第四紀)、安山岩を主体とする噴火が、国崎半島のいくつかの火山で発生、半島の先端部では、灰色の溶岩流である国崎安山岩が露頭し、国崎安山岩を大量に含んだ土石流堆積物が地層を成しています。
その土石流堆積物が波によって削られ、オブジェのような奇岩となったのが、両子岩です。


両子岩
両子岩
名称 両子岩/ふたごいわ
所在地 長崎県南島原市加津佐町
関連HP 南島原市公式ホームページ
ドライブで 長崎自動車道諫早ICから約46km
問い合わせ 南島原市観光振興課 TEL:0957-73-6632/FAX:0957-82-3086
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
全国人面岩

全国人面岩 12選

天狗、ナポレオンなどを含め、日本全国から人面岩と呼ばれる岩を調査し、北の利尻島から南の与那国島まで、全国12の人面岩を紹介。意外なことに、人面岩は西日本に多く、東日本には少ないことが判明! 西日本の人の方が人面岩が好きなのか、あるいは岩に名

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ