金鑚神社

金鑚神社

埼玉県児玉郡神川町にある古社が、金鑚神社(かなさなじんじゃ)。金鑚とは金砂(かなすな)、つまりは砂鉄のことで、古代に先進技術を有した集団(帰化人など)が創建したと推測できます。鎮座する地の字名が二ノ宮なのは氷川神社を武蔵一宮、金鑚神社を二宮としたから。背後の御室ヶ嶽全体がご神体のため、本殿はありません。

多宝塔があるのは神仏習合時代の名残

社伝によれば、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の帰途、神宮(伊勢神宮)で倭姫命(やまとひめのみこと=日本武尊の叔母)から賜った火鑽金(火打金)を御霊代として、この地の御室ヶ嶽に奉納し、天照大神(あまてらすおおかみ)と素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀ったのが始まり。

多宝塔は、天文3年(1534年)に阿保郷丹荘の豪族・阿保弾正全隆が寄進したもので(柱に「天文三甲午八月晦日、大檀那安保弾正全隆」の墨書)、国の重要文化財に指定されています。
明治の神仏分離、廃仏毀釈まで(神仏習合時代)は、大光普照寺(金鑚山元三大師)が別当寺で、大光普照寺の奥の院・金鑚大明神でした。
本来は寺の境内にある多宝塔が、神社にあるのはその名残です。

境内から御嶽山(標高343.4m)への登山道が伸び、300mほど歩けば国の特別天然記念物に指定される鏡岩があります。
御嶽山の一峰の岩山山頂に護摩壇、石仏群ががあることから、江戸時代までは台密(天台宗に伝わる密教)の影響下にあったことがわかります。

名称 金鑚神社/かなさじんじゃ
所在地 埼玉県児玉郡神川町字二ノ宮751
関連HP 金鑚神社公式ホームページ
電車・バスで JR本庄駅・JR丹荘駅から朝日バス神泉総合支所ゆきで新宿(しんしゅく)下車、徒歩20分
ドライブで 関越自動車道本庄児玉ICから約10km
駐車場 あり
問い合わせ TEL:0495-77-4537
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ