せんまやひなまつり|一関市| 2020

せんまやひなまつり

2020年2月11日(火・祝)〜3月3日(火)、岩手県一関市千厩町の登録有形文化財「千厩酒のくら交流施設」(旧横屋佐藤家住宅・旧横屋酒造)で『せんまやひなまつり』が行なわれます。明治時代から昭和初期の20組以上の段飾り雛人形、1800個もの手作りのつるし雛、明治大正時代の着物や帯が所狭しと展示されます。

期間限定のひなまつり特別ランチも用意

蔵サポーターの会と一関商工会議所女性会千厩支部、せんまや逸品の会などが実行委員会を組織し、『せんまやひなまつり』を運営。

旧ナガサワ時計店(千厩町商店街)、千厩商店街でもそれぞれ趣向を凝らした、思い思いのひな飾りやつるし雛が展示されるほか、期間限定のひなまつり特別ランチも用意されています。

佐藤家住宅主屋は、明治34年(に上棟された土蔵造り2階建てで、酒造蔵は、明治35年築。
大正元年に佐藤秀蔵氏の三男・佐藤秀平氏が、分家後、酒造業を創始し、「玉の春」を製造販売。
その後、西洋館、文庫蔵、酒造蔵などを建築し、大正ロマン漂う建物群が残されています。

せんまやひなまつり|一関市
開催日時 2020年2月11日(火・祝)〜3月3日(火)
場所 千厩酒のくら交流施設・旧ナガサワ時計店・千厩商店街
電車・バスで JR千厩駅から徒歩25分
ドライブで 東北自動車道一関ICから約25km
問い合わせ 千厩ひなまつり実行委員会(一関商工会議所千厩支所内) TEL:0191-53-2735/FAX:0191-53-2980
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ