仙巌園『菊まつり』|鹿児島市|2019

仙巌園『菊まつり』

2019年11月1日(金)〜11月24日(日)8:30~17:30、鹿児島県鹿児島市の仙巌園で『菊まつり』が行なわれます。2019年で60回を数え、鹿児島の秋の風物詩となっています。「仙巌園が一年で最も華やかな季節となります」とのこと。2019年は、島津家17代義弘の没後400年を偲び、関ヶ原合戦の「敵中突破」の様子を艶やかに再現。

菊まつり案内ツアーも実施

1万5000本の菊を使い、菊人形や菊花三重塔など、カラフルな菊で彩られた展示が園内に並びます。
菊まつり期間中は、菊まつり案内ツアー(菊を育てた職人と仙巌園の学芸員による見どころ案内)、菊まつり写真展、鹿児島県菓子工業組合の『かるかん奉納祭』、『仙巌園の夕べ』、甲冑着装体験&撮影会など様々なイベントも予定されています。

仙巌園『菊まつり』|鹿児島市|2019
開催日時 2019年11月1日(金)〜11月24日(日)8:30~17:30
所在地 鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
場所 仙巌園
関連HP 仙巌園公式ホームページ
電車・バスで JR鹿児島中央駅から鹿児島交通の霧島行きバスで15分、仙巌園前下車すぐ
ドライブで 九州自動車道鹿児島北ICから約8.7km
駐車場 500台/有料
問い合わせ TEL:099-247-1551/FAX:099-247-5072
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
仙巌園(磯庭園)

仙巌園(磯庭園)

万治元年(1658年)に島津家19代、薩摩藩第2代藩主・島津光久(しまづ みつひさ)が別邸として造園した庭園が仙巌園で、通称「磯庭園」。園内には奇岩奇石が多く、中国江西省・龍虎山の仙巌に似ていることから「仙巌園」と名付けられました。琉球王国

仙巌園・磯御殿

仙巌園・磯御殿

万治元年(1658年)、第19代当主で薩摩藩第2代藩主の島津光久(しまづ みつひさ)によって造園された仙巌園。島津家の別邸として利用された磯御殿は、見事な書院造り。明治21年からは焼失した鹿児島城に代わり、島津忠義公爵一家の住まいとなってい

仙巌園『薩摩のひなまつり』

仙巌園『薩摩のひなまつり』|鹿児島市|2019

2019年2月16日(土)〜4月25日(木)、鹿児島市の仙巌園で『薩摩のひなまつり』を開催。梅の開花が始まるころ仙巌園ではカンヒザクラも開花し始め、春の足音が刻々と近づいて来ます。春の訪れとともに仙巌園・尚古集成館では、恒例の『薩摩のひなま

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ