龍華寺

1670(寛文10)年、身延山第21世の日遠上人の弟子である日近(にちごん)上人が開いた、日蓮宗の名刹。須弥山(しゅみせん)式といわれる日本最古の造園法で造られた庭園「観富園」は、池を駿河湾に、本堂の屋根を富士山に見立てて設計されており、駿河湾越しに望む富士の絶景を縮図としたもの。

日本一巨大なソテツが茂る日蓮宗の寺

晩年日蓮宗に帰依し、この眺望を愛した明治の文豪、高山樗牛(たかやまちょぎゅう)の墓碑も境内にはあります。
高山樗牛は「三保の松原より富士山への眺望本邦無二と存じ候。私も数回遊覧し、当に慕い居り候土地に有之候。もし少生死後に相成り候へば、右龍華寺に埋葬相願い度く候」との遺言を残し、寺に葬られたのです。

また国の天然記念物で、日本最古の大ソテツの雄株は、株まわり5.3m、高さ3.7mで、大きさも日本一。大阪府堺市の妙国寺、静岡市吉田町の能満寺のソテツとともに「日本三大ソテツ」に数えられています。

江戸時代初期にブームだったというサボテン栽培の名残りである大サボテンは推定300年でやはり国の天然記念物。
本堂と庭園(観富園、須弥山式庭園)、そして大ソテツは、徳川頼宣(とくがわよりのぶ=紀伊和歌山藩初代藩主、徳川家康の十男)、徳川頼房(とくがわよりふさ=常陸水戸藩初代藩主、徳川家康の十一男)の寄進。
庭園を眺めながら抹茶(茶菓子付き)で一服も可能です。

甲州身延の大野山本遠寺第4世だった日近上人は、もとより霊峰富士の研究者でもあったのですが「この地から観る富士の姿が最も荘厳である」と隠居地として龍華寺を建立し、「大野別院」と称しました。

徳川家康の側室で水戸光圀の祖母である養珠院(お萬の方)の援助を受けたという、まさに徳川家ゆかりの寺。
寺の名は、日近上人を非常に祟敬した東山天皇の命名(観富士龍華寺)で皇室の勅願所にもなっています。
山号は観富山、本尊は釈迦如来です。

『ハルチカ』ゆかりの地
テレビアニメ『ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜』(2016年1月〜3月放送/原作:初野晴)では、登場人物の檜山界雄の実家「睡蓮寺」として描かれています。映画『ハルチカ』は、平成29年3月4日に公開。
徳川頼宣・頼房寄進の本堂
徳川頼宣・頼房寄進の本堂
樹齢推定1100年という大ソテツ
樹齢推定1100年という大ソテツ

龍華寺 DATA

名称 龍華寺/りゅうげじ
所在地 静岡県静岡市清水区村松2085
関連HP 龍華寺公式ホームページ
電車・バスで JR清水駅から静鉄バス市立清水病院方面行きで15分、竜華寺下車、すぐ
ドライブで 東名高速道路清水ICから20分
駐車場 50台/無料
問い合わせ 龍華寺 TEL:054-334-2858
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
妙国寺

妙国寺

大阪府堺市堺区にある日蓮宗の本山が妙国寺(廣普山妙國寺)。永禄5年(1562年)、摂津・河内・和泉3国を領有した三好実休(みよしじっきゅう)が京・頂妙寺の日晄(にっこう)に帰依、東西3丁・南北5丁の境内地と蘇鉄(そてつ)の木を寄進したことに

能満寺

能満寺

静岡県榛原郡吉田町にある弘長2年(1262年)創建の臨済宗妙心寺派の古刹、能満寺。境内には高さ6m、主幹の根回り4.5m、枝数約90、樹齢は推定1000年という大ソテツがあり、国の天然記念物に指定され、「日本三大ソテツ」にも数えられています

日本三大ソテツ

日本三大ソテツとは!?

国の天然記念物に指定される推定樹齢1000年超えという大ソテツが日本三大ソテツ(日本三大蘇鉄)。もともとソテツは南方の植物ゆえに、静岡県静岡市清水区の龍華寺、静岡県吉田町の能満寺、そして大阪府堺市の妙国寺の3ヶ所で、ともに南方、あるいは中国

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ