日光東照宮・神輿舎

日光東照宮・神輿舎

日光東照宮の陽明門をくぐって入った左手、西回廊に囲まれた内部に建つのが神輿舎(しんよしゃ)。春秋の渡御祭(5月18日、10月17日)に使われる、3基の神輿(しんよ=みこし)が収蔵される場所で、天井には狩野派の絵師が描いた天女の絵があります。この天女は、「日本一美人の天女」といわれています。

内部には神輿3基を安置

日光東照宮・神輿舎

春秋の渡御祭(秋季例大祭は『千人武者行列』で有名)で、神輿が出された後、空間となった堂内、天女の画の下で、手を叩くと鳴龍のような反響があるのだとか。
これが「天女のささやき」といわれていますが、残念ながら聞くことができません。

通常は、中央に東照宮の主祭神・東照宮(東照大権現:徳川家康)の神輿、右側に明治初年の神仏分離後に相殿に祀られた配祀神(はいしじん)・豊臣秀吉の神輿、左側が配祀神・源頼朝の神輿となっています。

屋根の下などの彫刻は、鶴、鳳凰(ほうおう)、鸚哥(インコ)、木菟(ミミズク)など鳥が多いのが特徴。
正面の上部に虎が彫られているのは、徳川家康の干支が寅のため。

名称 日光東照宮・神輿舎/にっこうとうしょうぐう・しんよしゃ
所在地 栃木県日光市山内2301
関連HP 日光東照宮公式ホームページ
電車・バスで 東武日光駅から東武バス世界遺産めぐりで勝道上人像前下車、徒歩10分
ドライブで 日光宇都宮道路日光ICから約3km
駐車場 100台/有料
問い合わせ 日光東照宮社務所 TEL:0288-54-0560/FAX:0288-54-0061
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日光東照宮

日光東照宮

徳川家康の遺言により徳川2代将軍・徳川秀忠が元和3年(1617年)に造営し、3代将軍・徳川家光が現在の形へと大改修(寛永の造替)を行なった徳川家康の霊廟が、栃木県日光市の日光東照宮。「日光を見ずして結構と言うなかれ」という言葉まで生まれた壮

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ