四十物昆布

四十物昆布

富山県黒部市生地(いくじ)にある、羅臼昆布などを関西の料亭などにも卸す、富山らしい昆布を扱う専門店が四十物昆布(あいものこんぶ)。北前船で富山を中継して琉球(沖縄)へと運ばれた蝦夷地(北海道)の昆布。そんな昆布と関わりの深い富山県でも別格なのが黒部市の生地地区です。

「ミスター羅臼昆布」四十物直之さんの店

四十物昆布

羅臼昆布で知られる知床・羅臼町の出身者の7割近くが、黒部市生地を中心とする富山県出身者。
初代の北海道・羅臼町漁業組合長だった四十物武助氏も実は、生地出身者です。

そんな黒部市生地にある昆布専門店が四十物昆布。
 四十物(あいもの)とは40種類あるという塩魚・干物のことで、北前船の寄港で生まれた言葉。
北前船の船主や廻船問屋は四十物屋(あいものや)を名乗り、北前船の寄港地などには四十が付いた姓が多いんだとか。

なかでも、四十物昆布は年間24tの羅臼昆布を扱うというからまさに商社並み。
社長の四十物直之(あいものなおゆき)さんは「羅臼昆布を見れば誰がつくったかわかる」というほどの目利きで、まさにミスター羅臼昆布。
店では羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布、樺太昆布など、手頃な物から贈答用まで幅広い扱いで、昆布は出汁用、とろろ昆布など、用途に応じて購入可能。

店頭や周辺に「弘法の清水」など、生地の清水が湧き出していますが、環境省選定「名水百選」に黒部川扇状地湧水群として選定されています。

四十物昆布
四十物昆布
名称 四十物昆布/あいものこんぶ
所在地 富山県黒部市生地中区339-5
関連HP 四十物昆布公式ホームページ
電車・バスで あいの風とやま鉄道生地駅から徒歩15分
ドライブで 北陸自動車道黒部ICから約6km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 四十物昆布 TEL:0765-57-0321/FAX:0765-57-0867
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ