波の橋立

波の橋立

山口県長門市、9000万年前のカルデラ底が隆起して誕生した「海上アルプス」青海島で、天橋立(あまのはしだて)を思わせる奇観が、波の橋立。外海(深川湾)と青海湖(おうみこ)を隔てる砂州で、仙崎の生んだ童謡詩人・金子みすゞの詠う『仙崎八景』のひとつ。

青海島にある「天橋立」は遊歩道で探勝

波の橋立

沿岸流で運ばれた砂礫が堆積した全長1.3kmの砂州と、山口県内最大の潟湖(せきこ)・青海湖からなる奇勝。
青海湖は外海と完全に断絶されるため、淡水湖になっていて、その水は農業などにも利用されています。
天橋立は全長3.2km(大天橋、小天橋部分)なので、スケール的にはその半分以下ですが、「海上アルプス」青海島にあって天橋立的な景観のスポットは実に異色です。
北側の高山の山上から眼下にできますが、あまり一般的ではありません。

青海湖はもともと入江でしたが、仙崎市街方面へと流れる沿岸流で砂礫が運ばれ、砂州が成長して、湾の入口を塞いだもの。

現在波の橋立の砂州部分は、歩行者専用の波の橋立遊歩道で、両端に駐車場とトイレが置かれ、散策ポイントになっています。
クロマツ茂る波の橋立は、散策に絶好。

金子みすゞは、『仙崎八景』の「波の橋立」で、「波の橋立よいところ、右はみずうみ、もぐっちょがもぐる、左や外海、白帆が通る、なかの松原、小松原、さらりさらりと風が吹く」と詠んでいます。

もぐっちょとは、潜水夫ではなく、カイツブリのこと。
青海湖ではカルガモ、キンクロハジキ、ホシハジロ、スズガモなどのカモ類を観察することができます。
カイツブリは冬季に観察できる鳥です。

ちなみに仙崎八景(童謡八景)は、波の橋立、大泊港、弁天島、花津浦、極楽寺、祇園社(八坂神社)、小松原、王子山です。

金子みすゞの童謡は、『金子みすゞ全集』(JULA出版局)に収録。

波の橋立
波の橋立
名称 波の橋立/なみのはしだて
所在地 山口県長門市仙崎
関連HP 長門市観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR仙崎駅からタクシーで10分
ドライブで 中国自動車道美祢ICから約37km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 長門市観光政策課 TEL:0837-23-1137/FAX:0837-22-6487
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
極楽寺

極楽寺

古には大陸や日本海交易で栄えた長門市仙崎。極楽寺の創建は延歴3年(784年)と古く、鎌倉時代に現在地に移転したと伝えられています。金子みすゞ作『仙崎八景』のひとつとして詠われており、仙崎みすゞ通りに面した山門前には『極楽寺』の詩碑のプレート

金子みすゞ記念館

金子みすゞ記念館

明治36年、山口県大津郡仙崎村(現・長門市仙崎)に生まれた童謡詩人・金子みすゞ(本名:金子テル)。仙崎みすゞ通りの仙崎西祇園に建つのが金子みすゞ記念館。常設展示室「みすゞの原風景」では、512編の遺稿集など、みすゞゆかりの品々が展示され、み

八坂神社(仙崎)

八坂神社

仙崎漁港に面して建つ、八坂神社。かつては祇園社と呼ばれていました(今も祇園様と呼ばれています)。みすゞ通りにも小さな鳥居があり、ここに金子みすゞの童謡詩「祇園社」の碑が立っています。王子山、弁天島、花津浦、極楽寺、波の橋立、小松原と並び、祇

王子山公園

王子山公園

山口県長門市、仙崎市街と青海大橋で結ばれる青海島にある公園が、王子山公園。かつて仙崎と青海島が陸続きであった時代、吉備真備(きびのまきび)が王子山に素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀り、祇園社としたのが仙崎市街の八坂神社の起源と伝えられていま

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ